パントマイムショー『SLAVA'S SNOWSHOW スラバのスノーショー』メキシコ公演をプリンセス天功が観劇 - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スラバのスノーショー』メキシコ公演 1 ロベルト・サラルプ(左)とプリンセス天功(中央)

▲ ロベルト・サラルプ(左)とプリンセス天功(中央)

拡大する

『スラバのスノーショー』メキシコ公演 3

拡大する

このほかの写真も見る

8月に来日公演が行なわれるパントマイムショー『SLAVA'S SNOWSHOW スラバのスノーショー』。そのメキシコ公演をイリュージョニストのプリンセス天功が観劇した。

ロシア出身の道化師界の巨匠スラバ・ポルニンが創作・演出する本作。1993年の初演以来、世界30カ国120都市で500万人を動員してきた“体感するファンタジーショー”だ。

出演するのは、動きと表情だけで喜怒哀楽を表現するピエロのみ。ピエロたちの観客を巻き込んだ掛け合いや、蜘蛛の巣に見立てた糸、客席にまで届く紙吹雪など、観客を圧倒するステージングの数々で世界各国の演劇賞を受賞。その世界観はシルク・ドゥ・ソレイユの『アレグリア』にもインスピレーションを与えたという。

日本公演に出演予定のロベルト・サラルプは、プリンセス天功のインタビューに応じ「日本の皆さんを心からこの魔法のアートの世界に歓迎します。ぜひショーにいらして下さい。私たちの温かい雪で皆さんのハートに触れ、そして日本からたくさんの愛情を持って帰りたいと思っています」とコメント。

ピエロが仕掛けるイタズラなど、さまざま触れ合いがある幕間(インターミッション)については「観客が私たち道化師をステージで観る時、もしかしたら宇宙人を見るような気持ちになるかもしれない。だからインターミッションのシーンがつくられたんだ。観客に親近感を持ってもらい、みんなが怖がらないように。ただ暴力は禁止だよ! 絶対に! 触っていいけど優しくね! お客さんとつながりを持つ、それが理由かな。みんなを笑わせる秘密のトリックもいっぱいあるよ」と語った。

■プリンセス天功 コメント
とっても楽しかったです! ほかのお客さんと一緒に、蜘蛛の巣まみれになったり、水を掛けられたり、クライマックスではものすごく強い紙吹雪に巻き込まれて……。ここまでするの!?という感じ(笑)。こんな舞台観たことありません。メキシコのお客さんは、大声で笑ったりキャーキャー叫んだり、さすがラテンのノリでしたが、私も同じようにずっとキャーキャーはしゃいで観てしまいましたね。大胆な演出だけではなく、高い技術を持ったキャストたちが素晴らしい演技で“魅せて”くれるんです。考えさせられるシュールなシーンや、時には涙が出そうになるシーンもあって、いろいろな感情を呼び起こされました。そして、最後はすごく温かい気持ちに。感動しました。外国のパフォーミングアーツは、日本ではウケないかな、と感じるものも多いのですが、『スラバのスノーショー』は絶対にウケると確信しました! 小さなお子さんからご年配の方、男女、ニューハーフ問わず(笑)、難しく考えずにラクな気持ちで楽しみに来てください。

この記事の写真

  • 『スラバのスノーショー』メキシコ公演 1
  • 『スラバのスノーショー』メキシコ公演 2
  • 『スラバのスノーショー』メキシコ公演 3
  • 『スラバのスノーショー』メキシコ公演 4
  • 『スラバのスノーショー』メキシコ公演 5
  • 『スラバのスノーショー』オフィシャル 1

インフォメーション


『SLAVA'S SNOWSHOW スラバのスノーショー』

■東京公演

2014年8月6日(水)〜17日(日)
・会場=THEATRE1010

■大阪公演

2014年8月20日(水)〜24日(日)
・会場=シアターBRAVA!

各公演とも
・料金=全席指定S席8,000円/A席6,500円
・チケット発売中

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6218