劇団四季『ライオンキング』東京公演に佐々木健介&北斗晶ファミリーが来場 - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『ライオンキング』佐々木健介一家観劇 1

拡大する

このほかの写真も見る

電通四季劇場[春]にて上演中の『ライオンキング』。「父の日」を1週間後に控えた8日、佐々木健介&北斗晶一家が、同公演に来場した。

ご観劇後は、出演者との交流のほか、二人の息子(健之介くん、誠之介くん)から、父・健介へ「日ごろの感謝をつづった手紙」を読むサプライズを実施。健介が、うっすら涙を浮かべる一幕もあった。

■佐々木健介 コメント
初めて観劇しましたが、とてもよかったです。幼いシンバの姿を観ながら、この子たち(健之介くん、誠之介くん)の小さいころを思い出し、やがて成長していく様子に、この子たちの未来を見ました。シンバのようにたくましい男に育ってほしいです。(手紙をもらうとは)泣けてしまいました。二人の親父でよかったと心から思います。

■北斗晶 コメント
家族みんなで観ることができてうれしいです。子どもが大きくなると、父親との会話が少なくなると聞きます。これまでは「もっと積極的に会話して」と、パパにも言っていたのですが、『ライオンキング』のムファサ(父)を観た今は、言葉ばかりじゃない。黙って、生き方を見せるのもいいなと思いました。

同公演は現在、12月31日(水)公演分まで発売中。

この記事の写真

  • 劇団四季『ライオンキング』佐々木健介一家観劇 1
  • 劇団四季『ライオンキング』佐々木健介一家観劇 2
  • 劇団四季『ライオンキング』佐々木健介一家観劇 3

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6220