水川あさみ&生瀬勝久の異色コンビが誕生 TBSの刑事ドラマ「東京スカーレット〜警視庁NS係」が7月より放送開始 - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

TBSでは、7月からの火曜ドラマ枠で、新たな刑事ドラマ「東京スカーレット〜警視庁NS係」を放送する。

ドラマは、警視庁の刑事部門に女性幹部がいないことを問題視する、海外からのネガティブなイメージを払拭するため、ベテラン女性刑事を係長に配した、捜査一課(Search 1 Select)の新セクション「NS係(Search 1 New Service)」が舞台。

個性豊かなキャストたちが繰り広げるユーモア、彼らが遭遇するシリアスな事件を通して、変ぼうしていく東京の過去・現在・未来を描く一話完結のヒューマン・ドラマになるという。

主人公の鳴滝杏を演じるのは水川あさみ。刑事としての使命感に燃えながらもアラサー女子としての現実に悩む等身大の女性を演じる。

水川は「鳴滝杏は、仕事に対する意欲もあるけど、『このままでいいのか』と30歳の女性ならではの悩みも持っている、普通の女の子。今までにない女性刑事を面白く演じたいと思っています。今回は生瀬さんが二枚目の役だということですごく楽しみです。すばらしい先輩方に囲まれてジタバタしたいと思います(笑)」と、意気込みを語っている。

そして、彼女とコンビを組む刑事・阿藤宗介を演じるのは生瀬勝久。これまでにも刑事役の経験がある生瀬だが、今回は、ほの暗い過去を持ち、グレーゾーンの捜査も辞さないやさぐれた刑事だという。

生瀬は「過去に何かがありグレーゾーンの捜査方法にも踏み込む阿藤という男は魅力的。お決まりの芝居はしたくないですしステレオタイプは嫌いなので、皆さんが想像している阿藤像ではないものをお見せしたいです。皆さんとのセッションは今から非常に楽しみです。いろいろ仕掛けていきたいです(笑)」と気合を見せている。

そのほか、NS係のメンバーには係長・出町いずみ役のキムラ緑子をはじめ、菅原大吉、近藤公園が決定。そして、彼らを厳しくも温かく見守る捜査一課長・岩井十三を中村雅俊が演じる。

ドラマは、7月15日(火)より毎週火曜22:00放送開始。

インフォメーション

火曜ドラマ
「東京スカーレット〜警視庁NS係」

【スタッフ】監督=近藤俊明/森本浩史 脚本=岩下悠子/櫻井武晴/入江信吾
【キャスト】水川あさみ/生瀬勝久/菅原大吉/近藤公園/キムラ緑子/中村雅俊

TBS:2014年7月15日(火)毎週22:00放送開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6221