坂本昌行×長野博×井ノ原快彦「トニセン」が10年ぶりの舞台競演 ブロードウェイ・ミュージカル『ON THE TOWN』が今秋上演 - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦が出演するミュージカル『ON THE TOWN』が、今秋、東京と大阪で上演。04年の『SAY YOU KIDS』以来、10年ぶりに20th Centuryの3人が舞台で競演する。

本作は、ジェローム・ロビンズのバレエ作品『ファンシー・フリー』をもとに、44年にブロードウェイで初演されたミュージカル。レナード・バーンスタイン作曲など、アメリカを代表するクリエーターたちが名を連ね、ブロードウェイ・ミュージカル黄金期を飾る一作だ。49年には、ジーン・ケリー、フランク・シナトラ、ヴェラ・エレンら当時のスター俳優が競演し、「踊る大紐育」の邦題で映画化。こちらの映画版もミュージカル映画を代表するヒット作となった。なお、今秋にはブロードウェイでも再演が行われる予定だという。

ニューヨークに停泊した軍艦から、24時間の上陸許可を得た個性豊かな水兵トリオが、あこがれの街ですてきな恋人を見つけようと繰り広げる模様を描いた本作。映画版でジーン・ケリーが演じたロマンチストなゲイビーを坂本が、フランク・シナトラが演じた生まじめなチップを長野が、ジュールス・マンシンが演じたひょうきん者のオジーを井ノ原がそれぞれ演じる。

相手役となるアイヴィー、クレア、ブランヒルドは、真飛聖、樹里咲穂、シルビア・グラブがそれぞれ演じる。翻訳・訳詞はG2が担当。演出・振付は、井ノ原&長野主演『プロデューサーズ』や坂本主演『マイワン・アンド・オンリー』でタッグを組んだ、ビル・バーンズが手掛ける。

■坂本昌行 コメント
今回の舞台は、04年に公演した舞台『SAY YOU KIDS』以来、10年ぶりに僕たちトニセンが同じステージに立つ公演なので、今から非常にテンションが上がっております。初の3人そろってのミュージカルなので、これまでの経験を生かし、最高のステージをお見せできればと思っております。会場は僕たち3人にとって思い出深い青山劇場です。僕たちがこの劇場に立たせていただくのは、この作品がラスト公演になると思います。今まで数々の公演でお世話になったご恩を精いっぱい返せたらと思います。劇場でお待ちしておりますので、皆さん、ぜひ観に来てください。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6230