有村架純が初舞台&初主演に挑戦 白井晃演出『ジャンヌ・ダルク』製作発表会 - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ジャンヌ・ダルク』会見 1 有村架純

▲ 有村架純

拡大する

『ジャンヌ・ダルク』会見 2 後列左から矢崎広、吉田メタル、上杉祥三、佐藤藍子、山口馬木也、春海四方、堀部圭亮、青木健、前列左から中島かずき(脚本)、田山涼成、西岡徳馬、有村架純、高橋ひとみ、白井晃(演出)

▲ 後列左から矢崎広、吉田メタル、上杉祥三、佐藤藍子、山口馬木也、春海四方、堀部圭亮、青木健、前列左から中島かずき(脚本)、田山涼成、西岡徳馬、有村架純、高橋ひとみ、白井晃(演出)

拡大する

このほかの写真も見る

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などで注目を集める若手女優・有村架純が、初舞台・初主演に挑戦。舞台『ジャンヌ・ダルク』の製作発表会が、24日に都内で行われた。

本作は、10年に堀北真希&伊藤英明の出演、中島かずき脚本×白井晃演出×三宅純音楽の顔合わせで上演された舞台の2014年度版。15世紀、イギリスとの百年戦争で敗北寸前にあったフランスを、17歳にして勝利に導いた救世主でありながら、19歳で火刑に処せられてしまう“悲劇のヒロイン”ジャンヌ・ダルク。そんな彼女の生涯が、100人のアンサンブルによる群衆を駆使し、壮大なスケールの歴史エンターテインメントとして描かれる。

会見での主なコメントは以下の通り。

■白井晃(演出)
歴史上の人物を描く時は、人物をただ紹介するだけでなく、その事実を通して、今われわれが何を感じて何を得ることができるのかを考えています。有村さん、東山(紀之)さんをはじめ、新たなメンバーとともに新しい『ジャンヌ・ダルク』を目指したいと思います。

■中島かずき(脚本)
何者でもなかった少女が、最後にはフランスを救う英雄になるという物語と、有村さんという女性がこの舞台を経て一つ大きくなるという過程が重なり、ドキュメンタリーのように見えるのではないかと思います。さらに、シャルル役の東山さんも加わることで、ダイナミックな舞台になると思います。ぜひご覧になってください。

■有村架純 ジャンヌ・ダルク役
今からとても緊張していてプレッシャーを感じています。「私がジャンヌを演じていいのかな?」と思うこともありますが、このプレッシャーを、自分の励みと楽しみに変えて、皆さんと一緒に前作を超える舞台をつくっていきたいと思っています。私もジャンヌのように、一生懸命、舞台上で戦いたいと思います。

■東山紀之 シャルル7世役
有村さんが、初舞台でジャンヌ役をやるというのはとても勇気のいることだと思います。知力・体力を必要とする作品ですので、そのサポートをしていきたいと思います。またジャンヌはシャルルにとっての勝利の女神なので、僕らにとっての女神になってもらえるように、できるだけのサポートができたら。

■佐藤藍子 マリー・ダンジュー役
この時代の歴史で表立って活躍するのは男性が多いのですが、女性たちも、歴史をつくり、支えているのだというところを、私なりの色で出せたらいいなと思っています。

■山口馬木也 ベッドフォード公役
赤坂ACTシアターの舞台に立ったのは、この作品が初めてなのでとても思い入れが強いです。前作よりもお客さまに喜んでいただけるよう、新しいメンバーと、新たなテーマを見つけてそれに向かっていけたらいいなと思います。

■矢崎広 アランソン公役
この『ジャンヌ・ダルク』という素晴らしい世界の中で、しっかりとアランソンとして生きたいと思います。まだまだ未熟な自分ではありますが、先輩方にしっかり学び、役者としても人間としても成長していけたらと思います。

■青木健 クルパン役
今回の再演へ出演が決まった時、前回の記憶がよみがえり緊張感が走りました。再び大迫力の舞台にまた立てることを光栄に思っています。前作にとらわれず、新しい表現を追求して、100名以上のキャスト、スタッフとともに全力で臨みたいと思います。

■吉田メタル サントライユ役
僕は前回の舞台を観させていただき、客席で興奮したことを覚えてます。その再演に出られることを大変光栄に思っております。客席で「おお! すげえ! かっこいい!」と感じたこと、さらにそれ以上のことも感じさせるような舞台になるように頑張ります。

■堀部圭亮 傭兵レイモン役
これだけ大きなスケールの作品は経験がないので、資料を拝見して今から緊張して妙な汗をかいています。前回、レイモン役をやられた田山涼成さんとご一緒しますので、積極的に役についてのアドバイスを田山さんにいただこうと思っております。だから、僕のレイモン役に何か足りないということがあれば、田山さんのせいということで(笑)。

■上杉祥三 タルボット役
前回の殺陣で5針縫うケガをしたんですが、いまだに4年前の傷が時々うずいて、そのたびにこの舞台を思い出します(会場笑)。その役がまたきました。もう一度身体を鍛え直して、次はケガしないように頑張りたいと思います。

■春海四方 ラ・イール役
今日、この豪華なキャストを見て新しい『ジャンヌ・ダルク』が始まるのだなという気持ちになりました。僕も前回は、かなりハードな立ち回りがあったので、4年前の自分に挑戦状を叩きつけるような気持ちで頑張りたいと思います。

■高橋ひとみ ヨランド・ダラゴン役
この場に立たせていただいているのが夢のようです。この舞台を通してさらに大きくなりたいと思います。重要なキーマンとなる役どころなので本当に今からワクワクしております。

■田山涼成 コーション司教役
まず最初に(堀部に向かって)自分のことで精いっぱいでございます(笑)。前回はジャンヌを守る強い剣豪という役でしたが、今度はジャンヌと敵対して、ツッコミを入れる役です。硬軟が入り混じる役は楽しみです。

■西岡徳馬 ラ・トレムイユ卿役
前回は、堀北真希さんがやられていたジャンヌを楽しくいじめさせていただきました。今回も、舞台で有村さんをネチネチいじめさせてもらいますが(笑)、一緒に頑張りましょう。東山さんとは、蜷川(幸雄)さんの『覇王別姫』で毎日キスしてまして、今回はキスシーンはないので残念ですが(笑)、その分、役を大いに楽しんで、前回よりも盛り上げていきたいと思います。

この記事の写真

  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 1 有村架純
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 2 後列左から矢崎広、吉田メタル、上杉祥三、佐藤藍子、山口馬木也、春海四方、堀部圭亮、青木健、前列左から中島かずき(脚本)、田山涼成、西岡徳馬、有村架純、高橋ひとみ、白井晃(演出)
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 3 白井晃
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 4 中島かずき
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 5 佐藤藍子
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 6 山口馬木也
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 7 矢崎広
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 8 青木健
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 9 吉田メタル
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 10 堀部圭亮
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 11 上杉祥三
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 12 春海四方
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 13 高橋ひとみ
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 14 田山涼成
  • 『ジャンヌ・ダルク』会見 15 西岡徳馬

インフォメーション

『ジャンヌ・ダルク』

【スタッフ】原案=佐藤賢一 脚本=中島かずき 演出=白井晃 音楽=三宅純
【キャスト】有村架純/佐藤藍子/尾上寛之/山口馬木也/矢崎広/青木健/吉田メタル/堀部圭亮/上杉祥三/春海四方/高橋ひとみ/田山涼成/西岡徳馬/東山紀之 ほか

■東京公演

2014年10月7日(火)〜24日(金)
・会場=赤坂ACTシアター
・一般前売=6月28日(土)開始
・料金=全席指定S席12,000円/A席9,800円

■大阪公演

2014年11月15日(土)〜18日(火)予定
・会場=オリックス劇場
・一般前売=8月3日(日)開始
・料金=全席指定S席11,500円/A席5,000円


■神奈川公演

2014年11月23日(日)・24日(月・祝)
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
・一般前売=6月28日(土)開始
・料金=全席指定S席11,000円/A席9,000円/B席6,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6251