音月桂が宝塚退団後初舞台に挑戦 ミュージカル『ブラック メリーポピンズ』が上演中 - 2014年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ブラック メリーポピンズ』開幕 1 左から上山竜司、小西遼生、音月桂、一路真輝、良知真次

▲ 左から上山竜司、小西遼生、音月桂、一路真輝、良知真次

拡大する

『ブラック メリーポピンズ』開幕 3 左から上山竜司、良知真次、一路真輝(手前)、音月桂、小西遼生

▲ 左から上山竜司、良知真次、一路真輝(手前)、音月桂、小西遼生

拡大する

『ブラック メリーポピンズ』開幕 4 音月桂

▲ 音月桂

拡大する

このほかの写真も見る

韓国発の人気ミュージカル『ブラック メリーポピンズ』が、5日より世田谷パブリックシアターにて上演中だ。

本作は、女性劇作・演出家のソ・ユンミが、脚本・演出・音楽のすべてを手掛け、12年に初演されたミュージカル。小劇場のオリジナルミュージカルでありながら、『ウィキッド』『ラ・マンチャの男』『シカゴ』などの大作と肩を並べ、その年の韓国の公演ランキングではトップ10入り。さらに、翌年に行なわれた再演でも、公演期間を予定より1カ月以上も延長したヒット作に。さらに現在もアンコール上演が行われており、今回は日韓での同時期上演となった。

舞台は、1920年代のドイツ。心理学博士の屋敷で火災事件が発生する。邸宅も博士の遺体もすべて燃え尽きたが、家庭教師メリー・シュミットは、業火の中自らは火傷を負いながらも、博士の4人の養子たちを劇的に救出した。しかしその後、メリーは失踪。残された子どもたちは、事件についての記憶の一切を失っていた。そして次第に、メリーは事件の容疑者として追われることとなった。それから12年。新たな人生を送っていた子どもたちのもとに、博士が生前記した手帳が届いて……。

失われた記憶を取り戻しながら事件の真相へと近づいていく、スリリングな謎解きのストーリーが、各キャラクターたちの丹念な心理描写を織り交ぜながら展開される「心理スリラーミュージカル」だ。

日本初演となる今回は、演出を鈴木裕美が、上演台本を田村孝裕が担当。キャストには元宝塚歌劇団トップスターの音月桂をはじめ、小西遼生、良知真次、上山竜司、一路真輝ら実力派たちが集結する。

音月は、本作が宝塚歌劇団退団後初となる、約1年半ぶりの舞台出演、そして“女優”としてのデビューとなる。公開舞台稽古と併せて行われた囲み会見で、「緊張していますが楽しみ」と初日に向けての意気込みを語った音月。退団後初の舞台を「稽古場に入った瞬間に『あ、男性の方がいる』というドキドキ感が、私にとっては本当に新鮮でした」と語り、「男役の時は、低いキーを歌っていましたが、今回は、キーの高い音域を歌わせていただいて、そこに男の子たちの厚みのある歌声がコラボレーションした時にすごく鳥肌が立ちました」と振り返った。

そして、「私のあこがれの大先輩・一路(真輝)さんと、まさか歌えるなんて!」と目を輝かせ、「楽しくて楽しくてお稽古が終わってほしくないなと、でも、そうすると本番が遅れてしまうので(笑)。本番も毎日充実するんじゃないかなと期待しています」と笑顔を見せた。

そのほか、会見での主なコメントは以下の通り。

■音月桂
ミュージカルに興味を持っている方が、ミュージカルの世界に足を踏み入れるにはすごく良い作品だと思います。私たちのチームワークが良く、鈴木裕美さんがエンターテインメント性の高い舞台にしてくださって、男女問わず幅広く楽しんでいただける作品です。観た方に後悔させませんので、ぜひぜひ何度でもたくさんご友人ご家族を連れて観ていただきたいなと思います。

■一路真輝
宝塚の後輩・音月桂ちゃんが退団後初の舞台ということで、非常にフレッシュな空気を醸し出している中、退団後10ウン年の私は、初心に帰らせていただいて(笑)、非常に楽しい稽古をさせていただきました。とにかくネタバレができない舞台なので、あまりお話できませんが、とてもいいチームワークでやっています。皆さんぜひ観にいらしてください。

■小西遼生
この作品は、5人という少ない人数で上演する作品で、重さを感じる内容ですが、鈴木裕美さんがおっしゃっていた「エンターテインメントとして皆さんにお見せするように」という言葉を聞きながら1カ月間稽古をしてきました。皆さんに楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。

■良知真次
末っ子の役で、ある意味この作品のキーパーソンという、大事な役をいただいきました。男性陣よりもカッコいいお二人(音月、一路)に付いて行きながら(笑)、本番に臨んでいきたいと思います。一人でも多くの方に観ていただきたい作品です。

■上山竜司
稽古場ではとにかく音月さんが男前で、よく「人生を、命懸けて頑張ります!」と、男よりも男らしい発言を聞きました。その音月さんに負けないように頑張りたいと思います。

公演は、20日(日)まで。

この記事の写真

  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 1 左から上山竜司、小西遼生、音月桂、一路真輝、良知真次
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 2
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 3 左から上山竜司、良知真次、一路真輝(手前)、音月桂、小西遼生
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 4 音月桂
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 5 音月桂(手前)と一路真輝
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 6 左から良知真次(手前)、上山竜司、一路真輝、小西遼生、音月桂
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 7 小西遼生(左)と上山竜司
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 8 良知真次(手前)と小西遼生
  • 『ブラック メリーポピンズ』開幕 9 左から良知真次、小西遼生、音月桂、上山竜司

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6275