宮沢章夫による「ニッポン戦後 サブカルチャー史」がNHK-Eテレで放送開始 - 2014年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宮沢章夫出演のNHK-Eテレの新番組「ニッポン戦後 サブカルチャー史」が、8月1日(金)より放送開始となる。

マンガやアニメ、ゲームなど、日本から発信されるさまざまなコンテンツの不思議な想像力の源はどこにあったのか? 戦後から現代までの文化の流れを「サブカルチャー」という視点から見つめ直す計10回のシリーズだ。

戦後の50年代に出現した太陽族に始まり、大島渚と新宿カルチャー、深夜ラジオの開いた世界、「天才バカボン」や「あしたのジョー」、YMOと渋谷カルチャー、そして「エヴァンゲリオン」と、日本を彩ったさまざまな流行や現象の流れを、宮沢が読み解き考察する。

第1回で焦点を当てるのは50年代。「太陽族」を生んだ作家・石原慎太郎など、時代をつくった表現者たちのインタビューや当時の貴重な映像などを交えて送る。

インフォメーション

「ニッポン戦後 サブカルチャー史」

【キャスト】宮沢章夫/風間俊介 ほか時代をつくった表現者たち

NHK-Eテレ:2014年8月1日(金)〜10月3日(金)まで毎週金曜23:00〜23:55

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6304