新トップコンビ・早霧せいな&咲妃みゆお披露目公演 宝塚歌劇雪組公演『伯爵令嬢』製作発表会 - 2014年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 1 咲妃みゆ(左)と早霧せいな

▲ 咲妃みゆ(左)と早霧せいな

拡大する

宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 2 左から咲妃みゆ、生田大和、小林公一、細川智栄子あんど芙〜みん、早霧せいな

▲ 左から咲妃みゆ、生田大和、小林公一、細川智栄子あんど芙〜みん、早霧せいな

拡大する

このほかの写真も見る

宝塚歌劇団雪組次期トップコンビ・早霧せいな&咲妃みゆのお披露目公演、ル・ミュージカル・ア・ラ・ベル・エポック『伯爵令嬢−ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない−』。その製作発表会が、都内で行われた。

原作は「王家の紋章」などで知られる細川智栄子あんど芙〜みんの代表作の一つで、79年から84年まで「ひとみ」で連載された同名少女漫画。エッフェル塔やパリ万国博覧会に代表される、ベル・エポック華やかなりし19世紀末のフランスを舞台に、新聞王として世に勇名をはせる公爵家の子息アラン、孤児院で育ち海難事故で記憶を失った少女コリンヌ、かつてコリンヌと愛を誓い合った盲目のリシャールなど、個性あふれる登場人物たちのドラマが描かれる。

■細川智栄子(原作)
私たちは少女の皆さんに、夢と愛とあこがれ、そして優しい心などを物語を通して送りたいと生涯を懸けてまりました。「伯爵令嬢」を描いたのは、ピュリツァーが晩年になっても報道に情熱を燃やした姿に感動したのがきっかけ。古いものが新しいものに飲まれていく変化の中にあるパリを舞台に、アランやコリンヌたちの愛の葛藤を描いています。関西生まれですので、宝塚は昔から夢の殿堂でございました。どんな素晴らしいミュージカルをつくってくださるのか、いちファンとしてワクワクしながら待っております。

■芙〜みん(原作)
姉(細川智栄子)と一緒に、漫画の仕事に携わり頑張ってきましたが、漫画は本からきれいな音楽が流れたり、せりふを喋ってくれるということはございません。読者の方にどのようにしたら楽しんでいただけるのか、毎号毎号、四苦八苦しております。ミュージカルは音楽が流れますし、美しい方たちが歌ったり踊ったりと、観客の方へ語りかけていただけますので、素晴らしい舞台になることをとても楽しみにしております。

■生田大和(脚本・演出)
「伯爵令嬢」は、子どものころに読み、私の原点となった作品。その原作をお借りして、脚本・演出を手掛けられるのは感慨ひとしおです。本作は誰しもがかつて子どもの時に持った“あこがれ”をテーマに考えています。また、宝塚歌劇の歴史の中で、パリ・レビューを源流とした舞台がつくられてきましたが、本作でも19世紀末のパリの風や匂いを感じさせる、華やかなレビューを物語としてつむいでいくことができればと考えております。私の考える二人(早霧・咲妃)の特徴としては「稽古場が楽しい」ということ(笑)。型にはまらないものを持っていて、自分の意識で自由に考えて演技を深めていける二人ですので、協力しながら役を深めていければと考えております。

■早霧せいな
細川先生の描かれる漫画は宝塚にピッタリだと思うので、いろいろな方々が「待ってました」と思ってくださっているのでは。原作ファンの方々の気持ちを絶対に裏切りたくないという気持ちが大きくあるので、皆さんの思い描くアラン像に少しでも近づけるような役づくりをしていきたいと思います。また、これまで私自身がやってきた役とは違う部分がある役だと感じています。大人の男性でありながら、子どもの心を忘れていないアランの一面を見せていきたいと思います。お客さまに楽しんでいただける公演を目指して、心を込めてお稽古に励んでいきたいと思います。

■咲妃みゆ
偉大な細川両先生の代表作の初の舞台化に、このような形で携わることができて本当に光栄に思っております。原作の世界観に少しでも近づけますよう、そして、私が最初に漫画を読んだ時の感動を、お客さまに同じように感じていただけるように、生田先生や早霧さんに一生懸命ついて行って頑張りたいと思います。コリンヌは、たくさんの人から愛されるとても魅力的な女の子です。愛らしさやはつらつさなど、そのすべてを丁寧に演じていきたいなと思います。

この記事の写真

  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 1 咲妃みゆ(左)と早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 2 左から咲妃みゆ、生田大和、小林公一、細川智栄子あんど芙〜みん、早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 3 早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 4 咲妃みゆ
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 5 細川智栄子あんど芙〜みん
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 6 生田大和
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 7 咲妃みゆ(左)と早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 8 早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『伯爵令嬢』会見 9 咲妃みゆ

インフォメーション

ル・ミュージカル・ア・ラ・ベル・エポック
『伯爵令嬢−ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない−』
〜細川智栄子あんど芙〜みん作「伯爵令嬢」(秋田書店刊)より〜

【スタッフ】脚本・演出=生田大和
【キャスト】早霧せいな/咲妃みゆ ほか

2014年10月11日(土)〜31日(金)
・会場=日生劇場
・一般前売=8月30日(土)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席6,000円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6305