大倉孝二×ブルー&スカイ「ジョンソン&ジャクソン」第1回公演『窓に映るエレジー』が開幕 - 2014年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 4

拡大する

撮影:宮本雅通

このほかの写真も見る

大倉孝二とブルー&スカイが新コンビネーション「ジョンソン&ジャクソン」を結成。その第1回公演『窓に映るエレジー』が、24日、CBGKシブゲキ!!にて開幕した。

12年の『持ち主、登場』(ナイロン100℃番外公演)で、脚本・演出・出演を共同で行った二人。今回は、彼らに加え、池田成志、村岡希美、池谷のぶえ、菊池明明、川原一馬と個性豊かな面々が参加している。

デパート販売員の女(村岡)は、周囲が戸惑うほどの倹約で貯蓄を続け、高層マンションの最上階の部屋を購入する。念願の“自宅からの素晴らしい眺め”を手に入れ、友人や同僚を招いては、自慢を繰り返す女。次第にエスカレートしていく女の自慢に、周囲の人間は、悩み、傷つき、疲れ果てていた。一方、電車に揺られている一人の男(池田)は、服装や荷物から、何らかの旅の途中であることがうかがえる。しかし、旅を続ける男の一人旅は、徐々に様相を変え、やがて、男と女の物語は思いがけない形でリンクする……。

劇中はナンセンスの応酬で、脱力系の笑いの連続だが、その中にもほのかに昭和の香りが漂うビターな放浪記も展開。前作『持ち主、登場』に比べ、ストーリー性の濃い仕上がりとなっている。

ジョンソン&ジャクソンの“ジョンソン”こと大倉は「またよくわからないものができてしまいました。とりあえず観にくるっていうのはどうでしょう? 劇場でお待ちしています」とメッセージを送っている。

公演は8月6日(水)まで。

この記事の写真

  • ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 1
  • ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 2
  • ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 3
  • ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 4
  • ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 5
  • ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』開幕 6

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6311