「小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術」展が、青山・スパイラルガーデンで開催 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術」展が、青山のスパイラルガーデンにて9月19日(金)から開催される。

ソロ公演「ポツネン」や、演劇プロジェクト「K.K.P」、NHK-BSプレミアムの「小林賢太郎テレビ」と、さまざなま作品を発表してきた小林賢太郎。同展では、小林自身が制作し、それらのステージを構成してきた絵や小道具の数々が展示される。

さらに会場には、本人がデザインし、実際に使用された舞台衣裳などを展示する「楽屋」が出現。作品が生み出される過程を、工場見学をするように楽しむことができるという。

会期は、9月19日(金)から10月5日(日)まで。時間は11:00〜20:00。入場無料。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6332