劇団四季ミュージカル『ウィキッド』東京公演が開幕1周年 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『ウィキッド』東京1周年 1

拡大する

劇団四季『ウィキッド』東京1周年 2

拡大する

電通四季劇場[海]にて上演中の劇団四季ミュージカル『ウィキッド』東京公演が、3日に開幕1周年を迎えた。

不朽の名作「オズの魔女記」を原作とした本作は、後に、西の悪い魔女エルファバと善い魔女グリンダと呼ばれることになる、二人の少女の出会いと別れを描いたヒットミュージカル。

同劇団では、07年の初演以来、全国各地で上演を重ね、累計観客動員数は約185万人を記録。東京公演は、13年8月に開幕し、今月3日時点での公演回数は335回、観客動員数は約32万人に上る。

この日の本編終了後には、開幕1周年を記念し、特別カーテンコールを実施。通常カーテンコールの終了後、再び緞帳が上がると舞台上には数字の「1」のオブジェが。グリンダとエルファバが、そのオブジェを発見してほかのキャストたちを呼び込むと、再び全員が舞台上に集合。そして、エルファバ役・樋口麻美とグリンダ役・谷原志音からそれぞれ「『ウィキッド』を愛し、はぐくんでくださったすべての皆さまへ」「出演者・スタッフ一同、心よりお礼申し上げます」と感謝のあいさつが述べられた。

同公演は、11月16日(日)まで行われる。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6335