鴻上尚史の代表作が17年ぶりに上演 『朝日のような夕日をつれて2014』が上演中 9月に東京凱旋公演も決定 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 1 左から伊礼彼方、小須田康人、大高洋夫、藤井隆、玉置玲央

▲ 左から伊礼彼方、小須田康人、大高洋夫、藤井隆、玉置玲央

拡大する

このほかの写真も見る

鴻上尚史作・演出の舞台『朝日のような夕日をつれて2014』が、紀伊國屋ホールにて上演中だ。

鴻上が率いた劇団「第三舞台」の旗揚げ公演として、81年に初演された本作。以降も上演が重ねられ、87年の上演では、紀伊國屋演劇賞団体賞に輝いた、鴻上の代表作の一つだ。97年以来、17年ぶりの上演となる今回は、第三舞台のメンバー・大高洋夫と小須田康人に、藤井隆、伊礼彼方、玉置玲央というメンバーを加え、脚本・演出を改訂した14年版として送る。

新たなおもちゃの開発に取り組む、玩具メーカー「立花トーイ」の物語と、サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』を下敷きとした世界観が交錯する。再演のたびに、その時代の状況を取り入れながら上演されてきただけに、今回登場するおもちゃは、初演時のルービックキューブから、ビデオゲームやネットゲームを経て、スマートフォンのアプリに。さらには、最新の仮想現実用ヘッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」、Twitter・FacebookといったSNS、人狼ゲームなど、現代の話題や流行を取り入れた物語の数々が、ハイスピードなギャグの応酬を織り交ぜながら展開する。

東京公演は、24日(日)まで。その後、大阪・福岡で上演。さらに、9月12日(金)・13日(土)に東京凱旋公演が、サンシャイン劇場で開催されることも決定。詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 1 左から伊礼彼方、小須田康人、大高洋夫、藤井隆、玉置玲央
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 2 左から伊礼彼方、玉置玲央、藤井隆
  • 『朝日のような夕日をつれて』開幕 3 大高洋夫(左)と小須田康人
  • 『朝日のような夕日をつれて』開幕 4 左から藤井隆、小須田康人、伊礼彼方、大高洋夫
  • 『朝日のような夕日をつれて』開幕 5 左から小須田康人、藤井隆、大高洋夫
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 6 左から大高洋夫、藤井隆、小須田康人
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 7 左から大高洋夫、玉置玲央、藤井隆
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 8 左から大高洋夫、伊礼彼方、藤井隆、小須田康人
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 9
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 10 左から藤井隆、伊礼彼方、大高洋夫
  • 『朝日のような夕日をつれて2014』開幕 11 藤井隆(左)と伊礼彼方

インフォメーション


■東京凱旋公演

2014年9月12日(金)・13日(土)
・会場=サンシャイン劇場
・一般前売=8月16日(土)開始
・料金=全席指定8,500円/U-25チケット4,300円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6338