米俳優のロビン・ウィリアムズさんが死去 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

アメリカの俳優ロビン・ウィリアムズさんが、現地時間11日、カリフォルニア州の自宅で死亡しているのが見つかった。63歳だった。警察によると、死因は窒息で、自殺の可能性があるが、調査を続ける必要があるとしている。また代理人によると、ウィリアムズさんは重度のうつ病を患っていたという。

シカゴ生まれ。ニューヨークの名門ジュリアード音楽院の演劇部門で学んだ。スタンダップコメディアンとしてキャリアをスタートさせ、テレビドラマ「モーク&ミンディ」で一躍人気者に。映画界では「グッドモーニング,ベトナム」(87年)、「いまを生きる」(89年)、「レナードの朝」(90年)、「フィッシャー・キング」(91年)など、数々の作品で活躍した。97年の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」では、アカデミー賞助演男優賞を獲得。11年には、ラジーヴ・ジョセフ作のピュリツァー賞受賞戯曲『バグダッド動物園のベンガルトラ』でブロードウェイ・デビューも果たした。

今年4月には、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞したヒット作「ミセス・ダウト」(93年)の続編制作も報じられていた。

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6350