熊林弘高演出×福士誠治、緒川たまきら出演 清水邦夫作『狂人なおもて往生をとぐ』が上演 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

現代演劇のルーツと言える60〜70年代の優れた戯曲を、若手演出家の新たな解釈と演出により復刻する、東京芸術劇場「Roots」シリーズ。昨年の三浦大輔演出、つかこうへい作『ストリッパー物語』に続き、第2弾『狂人なおもて往生をとぐ−昔 僕達は愛した−』の上演が15年2月に行われる。

本作は、69年に劇団俳優座が初演した清水邦夫の戯曲。今回は、『おそるべき親たち』『Tribes』などで注目を集める熊林弘高が演出を手掛ける。キャストには福士誠治、緒川たまき、門脇麦、葉山奨之、鷲尾真知子、中嶋しゅうというメンバーがそろう。

インフォメーション

Roots vol.2
『狂人なおもて往生をとぐ−昔 僕達は愛した−』

【スタッフ】作=清水邦夫 演出=熊林弘高 ドラマターグ=木内宏昌
【キャスト】福士誠治/緒川たまき/門脇麦/葉山奨之/鷲尾真知子/中嶋しゅう

2015年2月10日(火)〜26日(木)予定
・会場=東京芸術劇場 シアターウエスト
・一般前売=11月15日(土)開始

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6361