宝塚歌劇団星組トップスター・柚希礼音 退団記者会見 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、星組トップスター・柚希礼音が、ミュージカル・プレイ『黒豹の如く』、ダイナミック・ドリーム『Dear DIAMOND!!−101カラットの永遠の輝き−』の千秋楽をもって退団することを発表。大阪市内で記者会見を行った。

柚希は「本当に宝塚に入れて幸せでした」「まだまだ男役・柚希礼音を追求していきたいと思っておりますので、最後の日までどうぞよろしくお願いいたします」とあいさつ。

退団を決意したきっかけについては「宝塚歌劇の100周年を微力ながらも何とか盛り上げたいと思っておりましたので、100周年を迎えた今、そろそろかなと思いました」と明かした。また「今星組はそれぞれが公演を楽しんでいるのが伝わってくるので、本当に幸せな時に卒業させていただくなと思っています」と語った。

09年9月からトップスターを務めたきた柚希。これまでの年月を「100周年へと向かっている時に何度もくじけそうにもなりましたが、今振り返ればあっという間でした。そして、自分の中では120%頑張れたと思っています」と振り返った。

そして「宝塚はいろいろな方々が夢を見に来てくださる場所。一回しか公演を観られない方は、その一回を一生懸命に観に来らるので、一公演一公演がどれだけ大切かということを皆に伝えてきました。それを組子の皆も分かってくれて、いつも真心を込めて公演をしています」と、トップとしての挟持を語り、「また、努力し続けなければ良い舞台はできないとも思っています。トップになってからも、もっとできるはずだと自分にムチを打ってやってきましたので、5月10日までまだまだ見たことのない柚希礼音をお見せできるように頑張りたいと思います」と、今後に向けて意欲を見せた。

最後に、ファンに向けて「皆さまへの感謝の気持ちばかりがあふれています。皆さまからいただきました愛の何倍もお返しできるように頑張っていきたいと思っております」と涙ながらにメッセージを送った。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6376