湖月わたる、水夏希、彩吹真央らが華麗なアルゼンチンタンゴを披露 「DANCE LEGEND」シリーズ第2弾『Argentango』が開幕 - 2014年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『Argentango』開幕 4

拡大する

撮影:阿久津知宏

このほかの写真も見る

梅田芸術劇場が送る「DANCE LEGEND」シリーズの第2弾『Argentango(アルジェンタンゴ)〜BAD GIRLS meets TANGO BOYS〜』が、21日に東京芸術劇場 プレイハウスにて開幕した。

宝塚OGを中心とした、えり抜きの名ダンサーたちがダンスユニット「BAD GIRLS」を結成。バレエ界の鬼才ラスタ・トーマス率いる「BAD BOYS」たちと共演した第1弾に続く今回は、アルゼンチンタンゴをテーマに、湖月わたる、水夏希、原田薫が再集結。さらに、彩吹真央、碓井菜央が加わり、新たなに挑戦に臨んだ。

■グスタヴォ・ザジャック(構成・演出・振付)
本作の見どころは、選抜されたBAD GIRLSメンバーと、本場アルゼンチンでもトップクラスの男性ダンサーとのコラボレーションです。「DANCE LEGEND」シリーズは、さまざまなジャンルのダンスにBAD GIRLSが挑戦していくというコンセプト。女性陣は、ハードな稽古に耐え抜かなければならず、肉体的にも精神的にも一流でなければなりません。この世界でも通用する日本人女性ダンサーたちの汗と涙の結晶は絶対にご覧いだだきたい。本物の実力を持つプロフェッショナルな男性ダンサーたち、そして、湖月さん、水さん、彩吹さん、原田さん、碓井さんが全精力を捧げてつくり上げたこの公演は、歴史に残る舞台となるでしょう。皆さま、ぜひアルゼンチンから直輸入の世界を堪能してください。

■湖月わたる
格好良くて、逞しく、優しいTANGO BOYSの皆さんと、心を一つに踊れる瞬間を目指して一カ月猛練習してきました。グスタヴォさんの演出はとても情熱的で、稽古初日に、ミュージカルだと思って取り組んでほしい、すべてのダンス、仕草が役でなければならないと、熱く語られました。タンゴの振付と役づくりの日々……。時間はいくらあっても足りませんでしたが、男役の経験はタンゴの世界では大いに役立つよ!とおっしゃってくださって、勇気をいだだきました。宝塚の男役、女優、そして、さまざまなダンスの経験の中から、新たな『Argentango』の扉を開けたいと思っています。その扉を開けてくださるのはお客さまです!BAD GIRLSの挑戦を、愛と情熱『Argentango』の世界を存分に劇場で堪能してください。お待ちしております。

■水夏希
アルゼンチンタンゴ、女性なら一度はやってみたいと思うジャンルなのではないかと思いますが、なかなかきっかけがないと始められないので、とてもうれしいです。簡単にはいかないと思いますが、できるところまで男性ダンサーたちについていきます。この『Argentango』は、全体がストーリーになっているので、それぞれのキャラクターを想像しつつ自由に妄想してください。この夏、見たこともない魅惑のステージになることをお約束します。ぜひ!お見逃しなく!!

■彩吹真央
前回の『BAD GIRLS meet BAD BOYS』の素晴らしいパフォーマンスを拝見していたので、その舞台に立てることを光栄に思うとともにプレッシャーにも感じております。大好きなタンゴで、今の私を精いっぱい表現したいと思います。グスタヴォさんの演出・振付、そして、本場アルゼンチンのタンゴダンサーの踊りを日本で観れる貴重な舞台。お客さまに国や言語、文化を超えた、愛の世界をお届けしたいです! 男とは、女とは、人間とは、そして愛とは……。どんな人にも共感できるタンゴ。心から楽しんでいただくためには難しいことを考えず、心を裸にして、思うがままタンゴの世界に酔いしれてください! 劇場でお待ちしております。

東京公演は、26日(火)まで。その後、8月29日(金)から31日(日)まで、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて大阪公演が、9月3日(水)に日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて愛知公演が行われる。

この記事の写真

  • 『Argentango』開幕 1
  • 『Argentango』開幕 2
  • 『Argentango』開幕 3
  • 『Argentango』開幕 4
  • 『Argentango』開幕 5
  • 『Argentango』開幕 6

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6378