こまつ座『きらめく星座』 秋山菜津子、山西惇、田代万里生、木場勝己の開幕直前コメントが到着 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
こまつ座『きらめく星座』開幕 1

拡大する

こまつ座『きらめく星座』開幕 3

拡大する

このほかの写真も見る

本日8日(月)より紀伊國屋サザンシアターにて、こまつ座第106回公演『きらめく星座』が開幕。キャストの開幕直前コメントが到着した。

本作は、こまつ座旗揚げ翌年の85年、井上ひさし自身の演出によって初演され、「昭和庶民伝三部作」の第一作目に数えられる井上の代表作。太平洋戦争前夜の昭和15年から16年までの約1年間の物語だ。

軍靴の音が鳴る中、ジャズなどの音楽を聞かせる東京・浅草のレコード店を舞台に、激動の時代を懸命に生きる一家の姿を通して、戦争の愚かしさを痛切に浮かび上がらせる。舞台を彩るピアノの生演奏にのせた“青空”や“一杯のコーヒーから”といった、昭和初期の流行歌にも注目だ。

5年ぶり7度目の上演となる今回は、前回から続投の木場勝己や久保酎吉に加え、秋山菜津子、山西惇ら個性豊かな実力派キャストを新たに迎える。また、田代万里生が井上作品に初登場。ミュージカル以外の作品に初挑戦する。演出は、前回に引き続き栗山民也が務める。

■秋山菜津子
このたび、この作品に出演させていただき、大変幸せです。何度も上演されている素晴らしい作品ですから、多くの方にこの作品をご覧いただきたいと心から思っております。今回の新たな作品の魅力が出るといいなと思います。

■山西惇
『きらめく星座』は7回も再演を重ねている作品ですが、今回、また新しく生まれ変わったのではないかと思っております。どのようにお客さまに観ていただけるか楽しみです。

■田代万里生
井上さんの作品は、客席のお客さまの反応があって完成するものだと思います。初めての日本人役ということで、こんなに正座をしたこともありませんでした。今年の秋は“せいざ(正座・星座)”づくしになります!

■木場勝己
22年前は長男の正一役でした。5年前に竹田慶介役をやり、今回もう一度竹田役ですが、気持ちは22年前に戻っています。

東京公演は10月5日(日)まで。その後、兵庫、宮城、山形を巡るツアー公演が実施される。

この記事の写真

  • こまつ座『きらめく星座』開幕 1
  • こまつ座『きらめく星座』開幕 2
  • こまつ座『きらめく星座』開幕 3
  • こまつ座『きらめく星座』開幕 4

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6417