城田優主演 ミュージカル『ファントム』が開幕 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ファントム』開幕 3 城田優

▲ 城田優

拡大する

『ファントム』開幕 7 城田優(左)と山下リオ  

▲ 城田優(左)と山下リオ

拡大する

『ファントム』開幕 8 左からマルシア、吉田栄作、城田優、山下リオ、日野真一郎

▲ 左からマルシア、吉田栄作、城田優、山下リオ、日野真一郎

拡大する

このほかの写真も見る

城田優を主演に迎えたミュージカル『ファントム〜「オペラ座の怪人」の真実〜』が、13日に赤坂ACTシアターにて開幕。その初日に先立って、一部シーンの公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作に、『NINE』などで知られるアーサー・コピット(脚本)&モーリー・イェストン(作詞・作曲)コンビが手掛け、91年に初演された本作。自らを“オペラ座の怪人”と名乗る主人公・ファントムことエリックの苦悩や葛藤に焦点を当て、アンドリュー・ロイド=ウェバー版とはまた違う魅力で好評を博す作品だ。

囲み会見での、キャストの主なコメントは以下の通り。

■城田優 ファントム(エリック)役
かつてないほどに緊張しています。作品自体が繊細なので、役としても、僕自身的としてもちょっとピリッとしているのかな。でも幕が開いた時には、今、エリックとして感じている不安や恐怖などがうまく出せればいいなと思っています。本番が長いので、有志で“筋肉部”をつくり、みんなで筋肉トレーニングをしています。皆さんご存じの『オペラ座の怪人』とはちょっと違う、家族の愛情や誰しもが抱えるコンプレックスとか、多くの人が経験する感情がたくさん込められてます。ほかのミュージカルに比べてお芝居のシーンが多いので、ミュージカルをあまり見たことのない方、得意でない方でもスッと物語に入りやすい作品です。劇場で『ファントム』の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。お待ちしています。

■山下リオ クリスティーヌ・ダーエ役/ベラドーヴァ役(二役)
すごく充実して楽しい稽古でした。熱を出す夢を見てしまうことがあって、私も(城田のように)知らないうちに不安や緊張があるのかなと感じていますが、今まで積み重ねたものがあるので、カンパニーの方々を信じて、やるしかないと思っています。クリスティーヌは、純粋で真っすぐでエネルギーに満ちた子。最初は、繊細なイメージだと思っていたんですが、役をつくっていくうちにパワフルで強い女性になったんじゃないかなと思います。

■日野真一郎 フィリップ・シャンドン伯爵役
初めてのミュージカルで、いろいろとアドバイスをいただいて、毎日毎日、発見の稽古でした。皆さん優しくて、すごく楽しんでできました。やれることを精いっぱい、一生懸命やろうと思っています。シャンドンはプレイボーイですが、クリスティーヌの純粋さに惹かれていくという役どころ。彼の成長していく姿も見ていただけたらと思います。

■吉田栄作 ゲラール・キャリエール役
ここまでキャスト・スタッフで積み上げてきたので、このチームを信じて初日を迎えるのみ。今回は城田君の父親役ですが、ミュージカルは初めてなので、ミュージカルをやってきた息子の顔に泥を塗らないように頑張ります(笑)。マイケル・チャンと錦織圭のタッグのように、NYのダニエル・カトナーと優が組んで世界から注目されると思いますよ。

■マルシア カルロッタ役
ミュージカルの経験はありますが、今回は芝居が多いので、初舞台のような気持ち。昨夜は、寝られない夜を初めて過ごして、今日は寝不足(笑)。頑張り過ぎないことも大事かなと思ってます。すごく良いチームなので、テニス界に負けない『ファントム』ですよ。

東京公演は、29日(月)まで。大阪公演は、10月5日(日)から15日(水)まで梅田芸術劇場 メインホールにて行われる。

この記事の写真

  • 『ファントム』開幕 1 山下リオ
  • 『ファントム』開幕 2 城田優
  • 『ファントム』開幕 3 城田優
  • 『ファントム』開幕 4 山下リオ(手前)と城田優
  • 『ファントム』開幕 5 山下リオ
  • 『ファントム』開幕 6 山下リオ(左)と城田優
  • 『ファントム』開幕 7 城田優(左)と山下リオ
  • 『ファントム』開幕 8 左からマルシア、吉田栄作、城田優、山下リオ、日野真一郎

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6434