安蘭けい、濱田めぐみ、渡辺美里ら出演 ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』が再演 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 1 安蘭けい

▲ 安蘭けい

拡大する

『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 11 左から小野田龍之介、松原剛志、平方元基、石川禅、安蘭けい、濱田めぐみ、渡辺美里、新納慎也、唯月ふうか、鈴木裕美

▲ 左から小野田龍之介、松原剛志、平方元基、石川禅、安蘭けい、濱田めぐみ、渡辺美里、新納慎也、唯月ふうか、鈴木裕美

拡大する

『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 12 左から濱田めぐみ、安蘭けい、渡辺美里

▲ 左から濱田めぐみ、安蘭けい、渡辺美里

拡大する

このほかの写真も見る

12年に上演された安蘭けい主演のミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』が、11月に再演。本公演の製作発表会が、都内で行われ、安蘭らキャスト登壇した。

フランク・ワイルドホーンが音楽を手掛け、ブロードウェイで上演された本作。ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」の舞台を現代のニューヨークに置き換え、主人公アリスは、一人娘を持つ作家へと大胆にアレンジ。現代人が抱える悩みや葛藤を描き出す。

12年の日本初演では、濱田めぐみや石川禅ら実力派や、ミュージシャンの渡辺美里が顔をそろえたことでも話題に。アリス役を務めた安蘭は菊田一夫演劇賞を受賞した

会見での主なコメントは以下の通り。

■鈴木裕美(演出)
それぞれのキャラクターごとに歌があり、初演の時は「ミニ紅白歌合戦のようにしたい」と、9人の振付師にお願いし、さまざまなジャンルのダンスを踊るミュージカルになりました。今回もそこをパワーアップして見せたいと思います。子ども向けの舞台ではないのですが、初演を観た親友の5歳の姪っ子が、家で安蘭さんの役を通しで演じたそうです。人生に苦悩してる役なんですが(笑)。子どもから大人まで楽しんでいただけるものにしたいと思います。

■安蘭けい アリス役
再演が決まった時は公演の終盤。幕間に制作の方からカーテンコールで再演決定を言ってほしいと頼まれました。その時は、かなり身体が疲れていて「もうすぐ終わるのにまた再演するの?」って、ちょっと複雑な心境でした(笑)。新メンバーが加わることで、新しい『アリス〜』がつくり上げられればと思います。シリアスな内容ですが、ワイルドホーンのパンチのある音楽、個性的なキャラクター、そして、鈴木裕美さんの緻密な演出の力で、また素晴らしいミュージカルになると思います。

■濱田めぐみ 帽子屋役
2年間という時間を感じさせないほど、この作品はとても印象が強い作品。新しく入る方もいますが、エレベーターで一緒になった時は、まるで同じ時を過ごしてきたかのように、もう濃くて濃くて(笑)。私は作品の中で、ネガティブな部分を担当しています。2年という月日が流れて、出演者がそれぞれの人生でいろいろなことを経験したと思います。その経験を生かし、私も安蘭さんのアリスのネガティブさをもう一山大きく、もっと意地悪く、そして、艶めかしく演じたいと思います。

■渡辺美里 ハートの女王役
ご覧の通り場所を取る衣裳で、初対面の新納さんにマイクを取ってもらって、すでに女王っぷりを発揮させてもらってます(笑)。前回はミュージカルが初めてで、自分の職業病といいますか、最初は客席のすみずみまで目で追ってしまうクセが出てしまいました。目線に気を付けながら女王として舞台に立っていたのですが、めくるめく物語が展開がするたびに、客席の空気や反応が変わっていくのが感じられて、ちゃんと届いているんだと感じました。今回もお客さまに『アリス〜』の世界を深く楽しんでいただけるように、務めたいと思います。

■石川禅 ジャック/白のナイト役
初演の会見で「チケット買い渋ると後悔しますよ」って、お客さんに脅迫したことを昨日のことのように覚えています。安蘭さんがカーテンコールで発表した時に、一番びっくりした顔をしてたのは私だと思います。歳は言いませんが、果たして2年後にできるのか?と(笑)。宝塚ばりの大階段があるので、それを克服するために、芝居は二の次で体力づくりに励んでます(笑)。本当にすてきな作品で、特に働く女性の方たちの琴線に触れるものだと思います。またたくさんのファンが獲得できることと信じております。あ、作品のファンですよ(笑)。

■新納慎也 芋虫役
ミュージカルというのは舞台と客席で全然違う世界が繰り広げられるのが醍醐味だと思うんですが、まさに今日、こっち(舞台上)の人たちの、このまま街を歩けないぞという感じにワクワクしています。出演が決まってから、あちこちで「新納慎也=芋虫」って言われて悪口に聞こえたりしますが……(笑)。芋虫の役づくりは分からないのですが、皆さんの思う芋虫っぽさに近付いていけたら。とにかくすてきなメンバーで、すてきなミュージカルができればと楽しみにしています。

■平方元基 ウサギ役
初演を観て、3時間をあっという間に感じました。おもちゃ箱をひっくり返したようなミュージカルで、一つひとつのドアを開けていくたびに、心のすごく深い部分に入ってき、さらにいい裏切りをされたなと、すごく覚えています。今回は、僕もその一つのピースになれるように必死に頑張っていきます。

■唯月ふうか クロエ役
初めて参加させていただきます。すてきな先輩方と共演できることを本当にうれしく思っていますし、皆さんの衣裳がすてきなので、お稽古が楽しみです。クロエちゃんは子どもだけど大人な考え方を持っている子なので、そういった部分をしっかり台本を読み込んで表現できたらいいなと思っています。

■松原剛志 モリス役
初演では苦戦して、稽古では裕美さんにとても鍛えていただいきました。本番が始まってからは調子が上がってきて、僕が一番楽しんだんじゃないでしょうか。階段を2つくらい上がったところからスタートして、皆さんを翻弄して、アリスをいじめて楽しい舞台にしたいと思います。芸達者な方ばかりですので、よりパワーアップした『アリス〜』をお届けできるのではないかと思っています。

■小野田龍之介 エル・ガド(猫)役
もともと「不思議の国のアリス」が大好きだったので、今回、出演できることをうれしく思っています。大好きな世界観と鈴木裕美さんの演出、ワイルドホーンさんの楽曲でエキサイトしていきたいと思います。台本には僕の役は“チャラい猫”と書いてありまして、周りの人にはピッタリだって言われました、本人は自覚してないんですが(笑)。チャラチャラでいきます!(笑)

この記事の写真

  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 1 安蘭けい
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 2 濱田めぐみ
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 3 渡辺美里
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 4 石川禅
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 5 新納慎也
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 6 平方元基
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 7 唯月ふうか
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 8 松原剛志
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 9 小野田龍之介
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 10 安蘭けい
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 11 左から小野田龍之介、松原剛志、平方元基、石川禅、安蘭けい、濱田めぐみ、渡辺美里、新納慎也、唯月ふうか、鈴木裕美
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』再演会見 12 左から濱田めぐみ、安蘭けい、渡辺美里

 

インフォメーション

ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』

【スタッフ】音楽=フランク・ワイルドホーン 脚本=グレゴリー・ボイド/ジャック・マーフィー 作詞=ジャック・マーフィー 演出=鈴木裕美 上演台本・歌詞=鈴木哲也/高橋亜子
【キャスト】安蘭けい/濱田めぐみ/平方元基/唯月ふうか/松原剛志/小野田龍之介/新納慎也/石川禅/渡辺美里 ほか

2014年11月9日(日)〜30日(日)
・会場=青山劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定S席13,000円/A席8,000円/B席4,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6435