ミュージカル『アルジャーノンに花束を』が開幕 浦井健治らキャストコメントが到着 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アルジャーノンに花束を』開幕 1

拡大する

『アルジャーノンに花束を』開幕 2

拡大する

『アルジャーノンに花束を』開幕 3

拡大する

このほかの写真も見る

浦井健治が主演を務めるミュージカル『アルジャーノンに花束を』が、18日に天王洲 銀河劇場にて開幕した。

パン屋で働くチャーリィ・ゴードンは、今年で32歳になるが、幼児並みの知能しかない。心の底から“賢くなりたい”と願う彼は、ある日、外科手術によって天才的な知能を手に入れるのだが……。

ダニエル・キイスの傑作小説を原作とした本作。06年の初演では、菊田一夫演劇賞に選ばれるなど、高い評価を受けた浦井が、8年の時を経て再び挑戦している。

初日を控えたキャストのコメントは以下の通り。

■浦井健治
初演から8年を経ての再演は、喜びとともにプレッシャーもありましたが、稽古を重ねるほど、うれしさがあふれてきました。常に“人が好きで、人とともに生きていきたい、笑顔で笑い合っていたい”と思っているチャーリィと、彼とかかわった人びとが何を感じ、どう変わっていったか。原作に込められたメッセージが皆さまに、花束のように届けられるよう、一回一回大切に演じます!

■良知真次
僕は再演からの出演になるのですが、チャーリィ・ゴードンをあらゆる角度からジリジリとせめていく、ニーマー教授とパン屋のギンピィをしっかりと演じさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

■宮川浩
待ちに待った再演、そして本番。とてもワクワクしています。もちろん不安はあるけど、今日の日のためにやってきた稽古を信じて、楽しみたい!というのが正直な気持ちです。見どころ? 聞きどころは、全編通してのとっても難しい音楽です♪

■安寿ミラ
感動の名作を歌やダンスを取り入れミュージカル化するというのは非常に大きな冒険ですが、キャスト・スタッフ一丸となって、原作にあふれている愛や希望を信じ、それをお伝え出来ますようにと、初日の舞台に向かいます。ダニエル・キイス氏に敬意を持って捧げたいと思います。


【追記:2014/9/25】公演レポートを追記

18日に開幕した同作が、28日の東京千秋楽を前に、連日、客席を感動の渦に巻き込んでいる。

06年の初演時には24歳だった浦井健治も、現在33歳。実年齢が、浦井演じるチャーリィの32歳という年齢設定と近くなったとは言えるものの、8年前に観客の心をわしづかみにした初々しい雰囲気を、経験を重ねた今、いかに体現するのかは気になるところだった。しかし、いい意味で変わらない純真さと、ここ数年で飛躍した演技力を見事に両立。脳の手術後、能力が急速に上がっていくチャーリィの変化も説得力を持って演じてみせた。

さらに、深みを増した演技で物語の根幹を支えたのが、チャーリィの変化を一番近くで見守るアリス・キニアン先生役の安寿ミラほか、初演から続投している宮川浩、森新吾の面々。また、新加入した良知真次、高木心平、桜乃彩音、秋山エリサ、吉田萌美も、舞台に新鮮な彩りを添えていた。

東京公演は28日(日)まで。その後、福岡公演が10月16日(木)に福岡市民会館にて、大阪公演が10月18日(土)にサンケイホールブリーゼにて行われる。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6452