高橋克実がNHK「みんなのうた」で歌手デビュー - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

俳優の高橋克実が、7月にメジャーデビューした姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」とともに、NHK「みんなのうた」10・11月の新曲“ぎんなん楽団カルテット”をCDリリースする。

「“臭い!”でも“おいしい”」という両極端のイメージを持つ「ぎんなん」にスポットを当てた同曲。味わい深い声でナレーターとしても活躍する高橋と、サーカス音楽をルーツとした独自の世界観を持つチャラン・ポ・ランタンが歌唱する異色のデュエットが実現した。

「俳優人生27年目にして歌手デビューしました。子どもから大人まで口ずさめる曲ですので、ぜひ多くの方に聴いていただきたいです」(高橋)、「今回の楽曲は“いつも臭い臭いと虐げられるぎんなんたちがステージで輝こうと頑張る姿”を歌ったもの。このテーマ、演劇界と音楽界で異様な匂いを漂わせるわれわれにぴったりではないか! 三人がそろった時のきっとヘンテコなビジュアルもお楽しみに(笑)!」(チャラン・ポ・ランタン)と、それぞれにコメントを寄せている。

CDは、11月5日に発売。初回生産限定盤はピクチャーレーベル、歌詞絵本付で1,620円(税込)。また、彼らは“高橋克実とチャラン・ポ・ランタン”として、同局の音楽番組「MUSIC JAPAN」への出演も予定しているとのことだ。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6465