NHK大阪が8Kカメラ撮影による『杉本文楽 曾根崎心中』のプレミア上映会を実施 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今年3月に行われた『杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り』の模様を、最先端技術「8Kスーパーハイビジョンカメラ」で撮影した映像が、一般公開。NHK大阪放送局が、10月25日(土)・26日(日)に同作のプレミア上映会を開催する。

現在のテレビ画面を構成するピクセル数(横1920×縦1080ピクセル)に対して、縦横4倍のピクセル数で構成される8K(7680×4320ピクセル)スーパーハイビジョン。NHKが中心となり開発を進めている同規格の映像自体、9月にヨーロッパで開催された放送機器展示会で世界初公開されたばかりだ。今回は、350インチの大スクリーンに映し出される超高精細映像で、舞台とはまた違う臨場感を体験できる貴重な機会となる。

また、上映会では本作の作曲を手掛けた鶴澤清治と、パリ公演の字幕を制作した東京大学教授パトリック・ドゥヴォス、現代美術作家の束芋、プロデューサーの足立寛によるトークショーも行われる。

応募受付は10月5日(日)23:59まで。詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6469