劇団四季×ディズニー第5弾 ミュージカル『アラジン』が上演決定 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『アラジン』製作発表会 ポール・キャンドランド(左)と加藤敬二

▲ ポール・キャンドランド(ウォルト・ディズニー・カンパニー アジア プレジデント:左)と加藤敬二(劇団四季・『アラジン』日本版製作チーム代表)

拡大する

ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』1

拡大する

劇団四季が29日に会見を行い、ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』を上演すると発表。年単位でのロングラン上演を目指し、15年5月に開幕を予定している。

『美女と野獣』(95年)に始まり、『ライオンキング』(98年)、『アイーダ』(03年)、『リトルマーメイド』(13年)と、ディズニーの話題作を次々上演してきた劇団四季。ディズニーとのパートナーシップが20周年を迎える来年、新たに挑むのが『アラジン』の上演だ。原作は、魔法のランプを手にした青年アラジンの恋と冒険をコミカルに描いた、92年公開の同名アニメーション。今年3月にブロードウェイで開幕した舞台版は、夢あふれるストーリーはもちろん、アカデミー賞を獲得した“ホール・ニュー・ワールド”をはじめとした名曲の数々、豪華絢爛な衣裳や舞台装置など見どころが満載で、トニー賞では作品賞など計5部門で候補に挙がった(ランプの精ジーニー役のジェイムズ・モンロー・アイグルハートが最優秀助演男優賞を獲得)。

そんなブロードウェイの話題作が、他国に先駆けて来春日本に上陸。俳優・加藤敬二が日本版製作チームの代表を務め、訳詞を映画「アナと雪の女王」を手掛けた高橋知伽江が担当する。

また劇団四季では、主人公アラジンやジャスミン姫、ランプの精ジーニーといった主要パートからバックダンサーに至るまで、全キャストを公開オーディションで決めるという。本選は11月17日(月)・18日(火)に実施される予定。詳細は劇団四季公式サイトまで。

この記事の写真

  • 劇団四季『アラジン』製作発表会 ポール・キャンドランド(左)と加藤敬二
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』1
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』2
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』3
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』4
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アラジン』5

インフォメーション

劇団四季ミュージカル『アラジン』

2015年5月24日(日)開幕予定
・会場=電通四季劇場[海]
・一般前売=3月15日(日)開始

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6477