早霧せいな&咲妃みゆ出演 宝塚歌劇雪組公演『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』製作発表会 - 2014年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 1 早霧せいな(左)と咲妃みゆ

▲ 早霧せいな(左)と咲妃みゆ

拡大する

宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 2 早霧せいな

▲ 早霧せいな

拡大する

宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 13 左から彩風咲奈、大湖せしる、夢乃聖夏、早霧せいな、モンキー・パンチ、咲妃みゆ、望海風斗、彩風咲奈

▲ 左から彩風咲奈、大湖せしる、夢乃聖夏、早霧せいな、モンキー・パンチ、咲妃みゆ、望海風斗、彩風咲奈

拡大する

このほかの写真も見る

宝塚歌劇団雪組の新トップコンビ・早霧せいな&咲妃みゆの大劇場お披露目公演となる、ミュージカル『ルパン三世−王妃の首飾りを追え!−』、ファンタスティック・ショー『ファンシー・ガイ!』。同公演の製作発表会が、都内で行われた。

世代や国境を超えて親しまれるモンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」。怪盗ルパンの孫で、神出鬼没の大泥棒ルパン三世をはじめ、次元大介、石川五ェ門、峰不二子、そして、銭形警部と、多彩なキャラクターたちが宝塚歌劇の舞台に登場する。今回は、ベルサイユ宮殿で長らく行方不明であった“マリー・アントワネットの首飾り”を盗み出そうとしたルパン一行が、革命前夜のフランスへタイムスリップし、マリー・アントワネットと出会うというストーリーが展開される。同時上演の『ファンシー・ガイ!』は、男役の魅力をつめ込んだショー作品だ。

会見では、取材陣からの「ルパンと自分の共通点は?」という質問に、早霧が「物は盗まないので……(笑)。クールにキメたくてもキメきれない時ところでしょうか?」とコメントすると、咲妃は「早霧さんはたくさんのファンの方の心を盗んでいると思います」と見事な応えで会場を沸かせる場面もあった。

会見での主なコメントは以下の通り。

■モンキー・パンチ(原作)
「ルパン三世」ができてから今年で47年になります。こういう大きな催しをしてもらうのはものすごくうれしいことです。どういうものになるのか想像できませんでしたが、今日のパフォーマンスを拝見して、これが大舞台ではどんな形になるのかとワクワクしています。(早霧扮するルパンを見て)新鮮でしたし、スマートな動きはルパンにピッタリ。僕がまた連載するなら、今日見たようなルパンを出してもいいかな(笑)。ルパン三世というキャラクターをつくって本当に良かったと思います。

■大野雄二(オリジナル作曲)代読メッセージ
僕がおよそ40年前に作曲した楽曲が、100年もの歴史のある宝塚歌劇団の舞台で演奏されることをとてもうれしく思います。作曲した時には、「ルパン三世」とともにこの楽曲がこんなにも長く人に聴き続けられることになるとは予想すらできませんでしたし、まさか宝塚歌劇の舞台で演奏されることになるとは夢にも思いませんでした。あのメロディーがどのように雪組の皆さまによって花開くのか。そして、僕の愛するルパンたちがどんなふうに宝塚の舞台で活躍するのか。今から楽しみで仕方ありません。皆さまの一層のご活躍と公演の大成功を心よりお祈り申し上げます。

■小柳奈穂子(『ルパン三世』脚本・演出)
「宝塚でルパン三世!?」という驚きと同時に、いつかは観たいと思っていたような、共通点と意外性がある作品だと思います。作品が持つスタイリッシュさと宝塚歌劇が持つゴージャスさが楽しめる公演にしたいと思います。『Shall we ダンス?』の時もそうでしたが、宝塚と原作の本質に共通点が見えてくると考えています。「ルパン三世」を宝塚の世界に変えてしまうのではなく、宝塚の世界にルパンが遊びに来るような……、2つの色を混ぜるのではなく、両方が並び立つ面白さを今回は目指そうと思います。

■三木章雄(『ファンシー・ガイ!』作・演出)
トップコンビの大劇場お披露目ということで、新生さと冒険がいっぱいあふれているような楽しいショーを目指したい。僕の中では男役と娘役は、お互いが支え合うと同時に、ビシバシと火花を散らすような状態が面白いんです。“ファンシー”には、「気ままな」とか「わがままな」とかいう意味もあります。お客さんに対してある種挑戦的にぶつかっていくように、どんどんわがままに舞台ではじけてもらいたいと思います。

■早霧せいな
日本国民なら誰もが知っている『ルパン三世』です。作品の力を借りて、より宝塚を知っていただけるチャンスだと、頑張りがいのある作品にめぐり会えたと光栄に思っています。小柳先生とは前回の『Shall〜』でもご一緒したばかりですので、その時につくり上げた空気感を大切にしたいと思います。作品が決まってから、一番多かった質問は「もみあげはどうするの?」でした(笑)。私自身も本当に悩みましたが、小柳先生と相談した結果、宝塚っぽさを残したスタイルになりました。カッコよく、ひょうきんなルパンの魅力は、男役にも通ずるものがあると思いますし、ルパンっぽさがより自分を引き立ててくれると思うので、ルパンらしさを大切に演じたいと思います。三木先生とはお久しぶりになるのですが、新生雪組のことを考えてクールかつホットな充実したショー作品にしていただけると思うので、私自身も自分の魅力をさらに出せるように頑張っていきたいと思います。

■咲妃みゆ
早霧さん率いる新生雪組の大劇場公演第1作目にあたる公演で、この素晴らしい2作品にめぐり合うことができて私自身とても幸せに思っています。一生懸命頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。幼いころから「ルパン三世」は大好きな作品で、その作品に自分が出演できることにとてもワクワクしています。また、マリー・アントワネットを演じさせていただくことは娘役として、宝塚歌劇団の一員として、本当にとても光栄なことだと思います。小柳先生の描かれるアントワネット像を忠実に再現したいと思います。

この記事の写真

  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 1 早霧せいな(左)と咲妃みゆ
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 2 早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 3 早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 4 早霧せいな(左)と咲妃みゆ
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 5 夢乃聖夏
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 6 彩風咲奈
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 7 彩凪翔
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 8 大湖せしる
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 9 望海風斗
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 10 モンキー・パンチ
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 11 早霧せいな
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 12 咲妃みゆ
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 13 左から彩風咲奈、大湖せしる、夢乃聖夏、早霧せいな、モンキー・パンチ、咲妃みゆ、望海風斗、彩風咲奈
  • 宝塚歌劇雪組『ルパン三世』『ファンシー・ガイ!』会見 14 左から彩風咲奈、大湖せしる、夢乃聖夏、早霧せいな、咲妃みゆ、望海風斗、彩風咲奈

インフォメーション

宝塚歌劇雪組
ミュージカル『ルパン三世−王妃の首飾りを追え!−』ファンタスティック・ショー『ファンシー・ガイ!』

【スタッフ】『ルパン三世』原作=モンキー・パンチ 脚本・演出=小柳奈穂子 『ファンシー・ガイ!』作・演出=三木章雄 
【キャスト】早霧せいな/咲妃みゆ ほか

■宝塚大劇場公演

2015年1月1日(木・祝)〜2月2日(月)
・一般前売=11月29日(土)開始
・料金=全席指定SS席12,000円/S席8,300円/A席5,500円/B席3,500円

■東京宝塚劇場

2015年2月20日(金)〜3月22日(日)
・一般前売=1月18日(日)開始
・料金=全席指定SS席12,000円/S席8,800円/A席5,500円/B席3,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6478