天海祐希&松山ケンイチ出演 劇団☆新感線『蒼の乱』がゲキ×シネとして15年初夏に公開 - 2014年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

天海祐希や松山ケンイチの出演で、今春上演された劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『蒼の乱』が、ゲキ×シネ最新作として、15年初夏に全国公開される。

“日本の三大怨霊”の一つに語られ、さまざまな逸話を残す平将門をモチーフとした本作。日本の平安時代を想定した架空の国を舞台に、業を背負った女・蒼真と自分に真っ直ぐな男・将門小次郎の“国づくり”の物語が描かれる。

新宿バルト9ほか、全国の映画館にて上映予定。詳細は随時、公式サイトやメールマガジンにて告知される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6486