手塚治虫原作のミュージカル『虹のプレリュード』が開幕 乃木坂46・生田絵梨花&中河内雅貴らのコメントが到着 - 2014年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『虹のプレリュード』開幕 1

拡大する

このほかの写真も見る

乃木坂46の生田絵梨花が主演を務めるミュージカル『虹のプレリュード』が、本日2日に天王洲 銀河劇場にて開幕する。

手塚治虫の同名漫画を舞台化した本作。ロシアに侵略されつつある19世紀のポーランドという激動の時代を背景に、恋と音楽、そして祖国への愛に命を燃やす、若き芸術家たちの姿が描かれる。

初日を前にした、スタッフ・キャストからのコメントは以下の通り。

■上島雪夫(演出・振付)
手塚治虫先生の隠れた名作を、このような旬な若い役者さんたちで上演することができてうれしく思っています。音楽、そして人生に悩みながら、切実に生きてた時代の若者が現代によみがることを願っています。

■生田絵梨花 ルイズ・コルドック役
初主演、初めての男装、一人で歌うことなど、私にとって挑戦がいっぱい詰まっている公演です。共演者の方に刺激を受けてたくさん学ばせていただいたので、その思いを客席の皆さんに伝えることができたらいいなと思います。そして、ピアノの生演奏でもストーリーにつながる何かを伝えられたらと思います。自分の中で持っているパワーを出しきりたいです。

■中河内雅貴 ヨーゼフ役
手塚治虫先生原作のミュージカル公演ですが、見方によってはストレートプレイに近いようにも思えます。手塚先生の伝えたかったであろうことを、現代に生きる僕たちがしっかりと演じることで、お客さんにも伝えていけたらと思っております。今回は公演数が少ないですが、一公演一公演噛みしめながらカンパニー一同精いっぱい頑張りたいと思っております。

■中村誠治郎 フレデリック・フランソワ・ショパン役
ショパンという実在した人物を演じます。実際のショパンのことは史実などで知ることができますが、手塚治虫ワールドのショパン、中村誠治郎のショパンを表現できるように頑張りたいと思います。テーマは「素を一切見せない」です(笑)。よろしくお願いします。

■石井一彰 イワノフ役
若い力が集約した、エネルギーあふれる舞台になると思います。僕もその一員として、微力ながらこの舞台が成功する力になれるように頑張りたいと思います。

公演は、5日(日)まで。

この記事の写真

  • 『虹のプレリュード』開幕 1
  • 『虹のプレリュード』開幕 2
  • 『虹のプレリュード』開幕 3
  • 『虹のプレリュード』開幕 4
  • 『虹のプレリュード』開幕 5

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6489