宮沢りえが映画「紙の月」で「第28回山路ふみ子女優賞」を受賞 - 2014年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「紙の月」メイン

▲ 宮沢りえ

拡大する

宮沢りえが、主演した映画「紙の月」で、「第28回山路ふみ子賞」女優賞を受賞した。

直木賞作家・角田光代のベストセラー小説を、「桐島、部活やめるってよ」などで注目を集める吉田大八監督が映画化した本作。バブル崩壊直後の94年を舞台に、何不自由ない生活を送っていたはずの銀行員・梨花が、年下の大学生・光太と出会ったことから巨額の横領に手を染め、堕ちていく姿を描いたヒューマンサスペンスだ。

宮沢は「平凡な主婦が無自覚の内に変ぼうしていく姿を、美しくも重厚に描き、圧倒的な演技を披露した」と評価されての受賞となった。宮沢が同賞を受賞するのは「父と暮せば」(04年)以来2度目。女優賞を2度受賞するのは、吉永小百合に続く史上2人目の快挙となる。

映画は、11月15日(土)より全国ロードショー。また、今月開催の「第27回東京国際映画祭」では、コンペティション部門の日本代表に選ばれている。

この記事の写真

  • 映画「紙の月」1 メイン
  • 映画「紙の月」本ポスター

インフォメーション

映画「紙の月」

【スタッフ】原作=「紙の月」(角田光代・角川春樹事務所刊) 監督=吉田大八 脚本=早船歌江子
【キャスト】宮沢りえ/池松壮亮/大島優子/田辺誠一/近藤芳正/石橋蓮司/小林聡美

2014年11月15日(土)全国ロードショー

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6725