主演は加藤和樹に決定 ミュージカル『タイタニック』キャストが発表に - 2014年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ミュージカル『タイタニック』キービジュアル

▲ ミュージカル『タイタニック』キービジュアル

拡大する

加藤和樹

▲ 加藤和樹

拡大する

15年春に東京と大阪で上演されるミュージカル『タイタニック』の公演情報が公開。主演を加藤和樹が務めることとなった。

豪華客船タイタニック号の沈没事件を題材に、船内のさまざまな人間模様を壮大なスケールで描いた本作。ピーター・ストーン(『ミズ・ことし最高の女性』)の脚本と、モーリー・イェストン(『NINE』『ファントム』)の楽曲で、97年にブロードウェイにて初演され、同年のトニー賞ではミュージカル作品賞を含む計5部門を受賞。また、99年の閉幕までに、800回を超えるロングランを記録した人気作だ。

今回上演されるのは、タイタニック号沈没後100年を迎えた13年に、トム・サザーランが新たに演出を手掛けたロンドン・ウエストエンド版。人間ドラマの側面にスポットを当て再構成されものになっている。

急きょ、東京で行われたキャスト・オーディションには、サザーランドが来日し、自ら審査にあたったとのこと。サザーランドは「東京でのオーディションは、非常に感動させられるものだった。世界に通じる才能を持った多くの方々にお目にかかれたので、日本まで足を運んだことは大変有意義でうれしく思いました」とコメント。そして、タイタニックの設計士・アンドリュース役を務める加藤に向けて「加藤さんのカリスマ性に非常に感銘を受けました。彼の持った人間性が葛藤や苦悩など人間という存在に対しての深い洞察力を持つアンドリュースにふさわしい思います」と期待を寄せている。

共演には実力派として活躍する鈴木綜馬、藤岡正明、シルビア・グラブ、未来優希、安寿ミラ、光枝明彦のほか、古川雄大、入野自由、矢崎広、菊地美香など注目の若手たちが顔をそろえる。

■加藤和樹 アンドリュース役
このオーディションの結果を聞いた時は正直信じられませんでした。映画でも大ヒットした「タイタニック」ですが、沈没後100年目に上演された『タイタニック』にはもう一つの人間ドラマがありました。ウエストエンドのミュージカルは心に響くものがあり、とても難しい演目だと思いますが、精いっぱい設計士・アンドリュースとして生き抜きたいと思います。ぜひ、映画やブロードウェイ版をご存知の方も観に来ていただけたらと思います。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6760