米ABCが「オペラ座の怪人」をテレビドラマ化 - 2014年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

アンドリュー・ロイド=ウェバーのミュージカル版などで知られるガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」が、米ABCでテレビドラマ化される。

ヒット作「デスパレートな妻たち」を送り出したクリエーター、マーク・チェリーが手掛ける本作。ロイド=ウェバー版のミュージカルとは異なり、現代の音楽業界へと舞台を移した作品になるという。

ミュージカル要素は盛り込まれるとのことで、脚本には、ブロードウェイ・ミュージカル『ファースト・デート』のアラン・ザッカリー&マイケル・ウェイナーが参加する。

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6762