別役実が病気療養のため12月上演の演目が変更に - 2014年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

12月に青山円形劇場で上演が予定されていた、新作公演『雨の降る日は天気が悪い』が、脚本を手掛ける別役実の病気療養のため演目が変更。別役が85年に執筆した『夕空はれて〜よくかきくうきゃく〜』が、ケラリーノ・サンドロヴィッチ潤色・演出で上演されることとなった。

KERAは自身のTwitterで「『夕空はれて』は、もしもの時のためにというプロデューサーの意向で1カ月以上前から検討し始め、2週間ほど前に“これならやれると思うがいかがか”と提出した戯曲。円形という特殊空間、キャストの割り振り、そして何よりも“傑作であること”といった条件を満たした一作」と経緯を説明。そして「『雨の〜』も、いつかそう遠くない未来に、別役さんは書き上げてくれるに違いない。そうしたら、可能なら同じ座組で上演したいと、プロデューサーも俺も、強く思っている。青山円形劇場は無くなってしまうけど」と思いをつづっている。

キャスト・公演日程に変更はなく、『雨の〜』のチケットで同公演を観劇できる。チケットの払い戻しを希望する場合は、11月1日(土)から14日(金)までチケットぴあにて受け付ける。

インフォメーション

青山演劇フェスティバルSPECIAL〜サヨナラの向こう側2014〜 参加
青山円形劇場プロデュース
『夕空はれて〜よくかきくうきゃく〜』

【スタッフ】作=別役実 潤色・演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【キャスト】仲村トオル/マギー/山崎一/奥菜恵/緒川たまき/池谷のぶえ/犬山イヌコ

2014年12月1日(月)〜14日(日)
・会場=青山円形劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定6,900円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6773