落語家の桂小金治さんが死去 - 2014年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

落語家の桂小金治(かつら・こきんじ 本名:田辺幹男=たなべ・みきお)さんが、3日、肺炎のため神奈川県の病院で死去した。88歳だった。

東京都生まれ。桂小文治に弟子入りし落語家に。二つ目時代から映画やドラマなどで俳優としても活躍した。66年からは「桂小金治アフタヌーンショー」の司会を務め、政治や社会の問題に積極的に取り組む姿から“怒りの小金治”と呼ばれ人気を博した。また、75年からの「それは秘密です!!」の司会では、生き別れとなった家族らの対面にもらい泣きする姿から、今度は“泣きの小金治”と親しまれた。

晩年は再び落語に精力的に取り組んでいた。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6784