岡田将生&生瀬勝久出演 蜷川幸雄演出『皆既食』が開幕 - 2014年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『皆既食』開幕 1 岡田将生(左)と生瀬勝久

▲ 岡田将生(左)と生瀬勝久

拡大する

『皆既食』開幕 6 生瀬勝久(左)と岡田将生

▲ 囲み会見より。生瀬勝久(左)と岡田将生

拡大する

このほかの写真も見る

岡田将生が初舞台・初主演に挑戦する舞台『皆既食〜Total Eclipse〜』が、Bunkamuraシアターコクーンにて本日7日に開幕。初日に先立って、一部シーンの公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

レオナルド・ディカプリオ主演の映画「太陽と月に背いて」としても知られる本作は、19世紀フランスを代表する詩人アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの軌跡を描いた人間ドラマ。若さと才気あふれるランボーと、彼の才能をいち早く見出しながらも自由奔放なランボーに心揺さぶられ苦悩するヴェルレーヌの2年間にわたる放浪と闘争、そして、別れが蜷川幸雄の演出によりつづられる。

囲み会見には、ランボー役の岡田と、ヴェルレーヌ役の生瀬勝久が登壇。初日を目前にした岡田は「何も分からない状態で稽古が始まり、スタッフ・キャストの方々に一から教えてもらって、舞台の面白さを今回すごく知ることができました。生瀬さんからは、楽しんだもん勝ちだと言われているので、常に良い緊張感の中で舞台を楽しめたらいいなと思います」と、意気込みを見せた。

生瀬は、舞台の先輩として岡田の評価を問われると「とんでもない方が出てきたなと。天才ですね」とズバリ。そして「ちょうど30年前の俺を見ているみたい」と付け加え会場を笑わせた。

そんな、生瀬の評価に岡田は「そんなに言われたら、緊張してきちゃいますよ……」と謙遜したが、生瀬は「こういうシャイな感じを見せますけど、いざ稽古が始まるとそんなそぶりはなくて、稽古初日からせりふは全部入っているし、僕がちょっと意地悪でいろいろ仕掛けても、全部受けますからね。ちゃんと対応できるのは初舞台とは思えない」と絶賛した。

ランボーとヴェルレーヌという男性同士のつながりを描いた物語。生瀬は「最初は自分の中になかったものだったんですが、話が進むに連れて、ランボーのことが愛おしくなるし、別れの悲しさも自然に出ました。人間愛みたいなものはありえるなと感じてます」と自身の演技に手応えを感じている様子。岡田も「生瀬さんの言う通り、男女関係なく、人と人との語り合いが自然にできました」と話した。

初舞台・初主演にして蜷川作品という高いハードルに臨んだ岡田は「失敗する覚悟だったので。もちろん全力でやりますが、失敗してもいいやという気持ち」とコメント。“灰皿が飛んでくる”というエピソードについては「その話はよく聞いてましたが、蜷川さんに初めてお会いした時に『僕のパブリックイメージはすべて岡田君の頭の中から消してくれ』と言われたので、もう何も飛んで来ないものだと(笑)」と、笑顔で答えた。

また蜷川は、先月過労のため入院が報じられたが、生瀬は「復帰後にも怒鳴られました。それくらいパワフル。お芝居がある限りはあの方は大丈夫です」と、蜷川の様子を報告した。

東京公演は29日(土)まで。その後、12月4日(木)から7日(日)まで、シアターBRAVA!にて大阪公演が行われる。

この記事の写真

  • 『皆既食』開幕 1 岡田将生(左)と生瀬勝久
  • 『皆既食』開幕 2 岡田将生
  • 『皆既食』開幕 3 岡田将生(左)と生瀬勝久
  • 『皆既食』開幕 4 生瀬勝久(左)と岡田将生
  • 『皆既食』開幕 5 岡田将生
  • 『皆既食』開幕 6 生瀬勝久(左)と岡田将生
  • 『皆既食』開幕 7 生瀬勝久(左)と岡田将生

 

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6792