山本耕史&濱田めぐみ出演 ミュージカル『メンフィス』製作発表会 - 2014年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『メンフィス』会見 1 山本耕史(左)と濱田めぐみ

▲ 濱田めぐみ(左)と山本耕史

拡大する

『メンフィス』会見 3 山本耕史

▲ 山本耕史

拡大する

『メンフィス』会見 6 濱田めぐみ

▲ 濱田めぐみ

拡大する

『メンフィス』会見 14 左から吉原光夫、ジェロ、山本耕史、濱田めぐみ、JAY'ED

▲ 左から吉原光夫、ジェロ、山本耕史、濱田めぐみ、JAY'ED

拡大する

このほかの写真も見る

15年1・2月に赤坂ACTシアターで上演されるミュージカル『メンフィス』の製作発表会が、18日に開催された。

本作は、ロックバンド「ボン・ジョヴィ」のキーボーディスト、デヴィッド・ブライアン(音楽・歌詞)とジョー・ディピエトロ(脚本・歌詞)らが手掛け、トニー賞ミュージカル作品賞を含む計4部門を獲得したミュージカル。50年代のアメリカ、人種差別が根強く残る南部の街・メンフィスを舞台に、黒人音楽を世に広めようとした白人DJの姿を描いた意欲作だ。

会見では、山本耕史、濱田めぐみら登壇キャストたちによる、楽曲披露も行われた。

会見での主なコメントは以下の通り。

■ジョー・ディピエトロ(脚本・作詞)代読メッセージ
自分の作品が海外で公演されるといつも思います。遠く離れた地で作品が人びとに受け入れられる。なんてうれしくありがたいことだろうかと。そんな私ですから、非常にアメリカらしい地を舞台にしたアメリカらしいミュージカル『メンフィス』が日本初演されることを聞いた時の喜びは、皆さんの想像に難くありません。本作の楽曲を手掛けたデヴィッド・ブライアンや私も、困難や苦悩の時代に音楽の力で立ち向かった人びとの物語が、日本の皆さんともう間もなく出合うであろうことに、大変興奮しております。『メンフィス』はアメリカ南部を舞台にしていますが、物語は普遍的です。この物語を世界中の皆さまと分かち合えることを大変うれしく思います。

■山本耕史
聴きやすくてポップで、ロックやブルースな感じで、皆さんが親しみやすい曲になっていると思います。(歌唱披露のために)僕らは1回しか稽古できなかったのですが、1回でこのクオリティーですから(会場笑)。期待を裏切ることはないと確信しています。音楽の力でさまざまな壁を乗り越えていくというテーマは、僕らにも必要なこと。現代にも通ずるテーマで、みんなが壁を乗り越えた時に、新しい何かに向かう“架け橋”になれる作品じゃないかなと思うんです。その架け橋の一つとしてヒューイという役も具現化したいと思います。

■濱田めぐみ
楽曲がすごくすてきなので、この舞台は楽しんで楽しんで楽しみ抜いて作品世界に埋没したいと思います。人種差別という根深い問題を超えるのが音楽という文化であるという物語は、私のテーマでもあります。自分の感覚とリンクしていて、今日本で上演されることも偶然ではないと感じています。公演が終わった後に、私も観てくださった方も「ああ、これだったのか」と、何かが手に入るといいなと思っています。

■ジェロ
演歌歌手のジェロです。ここにいるのはおかしいですよね(会場笑)。この作品に出させてもらうことを友達に言ったら、ものすごくびっくりして「すごく歌唱力がある人じゃないと出られないよ」と言われて。うれしいことなのか、疑われているのか……(笑)。作品には魂のある歌ばかりなので、ブロードウェイと同じような迫力が出せたらいいなと思います。自分のライブでは、1曲が3分間の物語で、その曲ごとに主人公になりきって歌うという感じですが、ミュージカルでは、一人の人間を最初から最後まで演じるという別の魅力がある。アメリカで生まれて、日本に来た自分のルーツの勉強にもなればと思っています。

■JAY'ED
初めてのミュージカルで今日一日すごくドキドキしています。僕自身、ソウル、ブラック・ミュージックに大きな影響を受けていて、そんな自分のルーツを知ることができればと思います。ストーリーは普遍的で、音楽の力でいろいろな壁を乗り越えることができるというテーマ。僕にとっても、このミュージカルが一つ壁を乗り越えるチャレンジになればと思っています。

■吉原光夫
歌のうまい方と一緒に並ばせてもらって本当に今日は緊張して、胃が痛いくらいです(笑)。僕にとっては、ただ声を出すだけでなく、ブラック・ミュージックのリズム感や思いを表現することが課題だと思って、より精進して4人の方について行こうと思います。自分は黒人役との出合いは結構多くて、日本人が黒人を演じることの難しさを感じることがありますが。でも、新たな出会いや旅立ちには素晴らしさと同時に怖さがあるものだけど“どこにいてもメンフィスの地を忘れない”というヒューイのメッセージは、日本に置き換えても響くものではないかなと思います。

この記事の写真

  • 『メンフィス』会見 1 山本耕史(左)と濱田めぐみ
  • 『メンフィス』会見 2 ジェロ
  • 『メンフィス』会見 4 山本耕史
  • 『メンフィス』会見 4 JAY'ED
  • 『メンフィス』会見 5 吉原光夫
  • 『メンフィス』会見 6 濱田めぐみ
  • 『メンフィス』会見 7 山本耕史(左)と濱田めぐみ
  • 『メンフィス』会見 8 左から吉原光夫、ジェロ、山本耕史、濱田めぐみ、JAY'ED
  • 『メンフィス』会見 9 山本耕史
  • 『メンフィス』会見 10 濱田めぐみ
  • 『メンフィス』会見 11 ジェロ
  • 『メンフィス』会見 12 JAY'ED
  • 『メンフィス』会見 13 吉原光夫
  • 『メンフィス』会見 14 左から吉原光夫、ジェロ、山本耕史、濱田めぐみ、JAY'ED

インフォメーション

ミュージカル『メンフィス』

【スタッフ】脚本・歌詞=ジョー・ディピエトロ 音楽・歌詞=デイヴィッド・ブライアン
【キャスト】山本耕史/濱田めぐみ/ジェロ/JAY'ED/吉原光夫/原康義/根岸季衣 ほか

2015年1月30日(金)〜2月10日(火)
・会場=赤坂ACTシアター
・チケット発売中
・料金=全席指定S席11,000円/A席9,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6821