ミュージカル『シカゴ』が、ブロードウェイ史上第2位のロングラン作品に - 2014年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ブロードウェイで上演中のミュージカル『シカゴ』が、現地時間11月23日の夜に、ブロードウェイ史上第2位のロングラン作品となった。

ブロードウェイで96年から上演され、14日には、ロングラン18年を迎えた本作。23日19:00の公演で、『キャッツ』の7,485回を抜き、7,486回目の公演回数を達成した。これにより『オペラ座の怪人』に次ぐ、ブロードウェイ史上第2位のロングラン作品となった。この記録達成を祝うため、当日の公演には、初演時のキャストである、アン・ラインキング(ロキシー・ハート)、ビビー・ニューワース(ヴェルマ・ケリー)、ジェームズ・ノートン(ビリー・フリン)、そしてジョエル・グレイ(エイモス・ハート)が特別出演した。

プロデューサーのバリー・ワイズラー&フラン・ワイズラーは「18年前にこの輝くほど美しい作品を立ち上げた4人の伝説的スターを迎えることができることに喜びを感じています。時々、昨日のように感じますが、まもなくブロードウェイの歴史上2番目のロングラン作品になるなんて……。ウォルター・ボビーとアン・ラインキングがこのミュージカルの傑作を再創造し、そして作品は“時の試練”に耐えました。この彼らの傑作を、さらにこれからも、数多くの観客と共有できることに多大なる名誉を感じます」(バリー)、「この素晴らしい瞬間は、未曾有の才能を持つジョン・カンダー、フレッド・エッブ、ボブ・フォッシーら、『シカゴ』クリエーターたちだけのものではなく、数えきれない俳優たち、ミュージシャン、舞台スタッフ、ダンス・キャプテン、クルー・メンバー、広報宣伝スタッフ、舞台監督とプロダクションマネージャーたち、この18年間、ショーに参加してくれた人びとのものです。彼らが最高の仕事をしてくれたからこそ、この成果が生まれたのです」(フラン)と、それぞれに語った。

また、12年にロキシー・ハート役でブロードウェイ公演に出演した米倉涼子は「私が絶対的に愛しているミュージカルが、ここまでロングランしていることがうれしく、(私が出演して)少しでも参加できていることを誇りに思います」とコメントを寄せている。

本作は、現在、宝塚歌劇100周年を記念した、宝塚OGバージョンが上演中。さらに、15年12月にはアメリカ・カンパニーの来日公演も予定されている。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6840