キャスト73名が登壇 ミュージカル『レ・ミゼラブル』製作発表記者会見 - 2014年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『レ・ミゼラブル』2015年 1

拡大する

『レ・ミゼラブル』2015年会見 2 福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモ

▲ 左から福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモ

拡大する

このほかの写真も見る

来年4月に、帝国劇場で開幕するミュージカル『レ・ミゼラブル』。その製作発表記者会見が、約5,000通の応募の中から当選した300人のファンが見守る中、都内某所で行われた。

85年にロンドンで初演され、日本では、87年の初演以来、上演を重ね続けている本作。19世紀初頭のフランスの動乱期を舞台に、19年間投獄されていた主人公ジャン・バルジャンの数奇な運命と、貧困に耐えて生きる民衆、革命に身を投じる若者たちなどの姿を描いた群像劇だ。

会見冒頭、ジャン・バルジャン役のヤン・ジュンモが“独白”を、アンサンブルキャストが“一日の終わりに”を熱唱し、ファンを魅了。続いて、総勢73名に及ぶキャストの紹介があり、プリンシパルの面々が意気込みを述べた。会見の終わりには、マリウス役・海宝直人&コゼット役・清水彩花&エポニーヌ役・昆夏美による“プリュメ街”“心は愛に溢れて”、この会見で初めて出演が発表されたアンジョルラス役・上山竜治&オールキャストによる“ABCカフェ”“民衆の歌”の歌唱も披露された。

主なコメントは以下の通り。

■福井晶一 ジャン・バルジャン役
13年はジャベールとの二役でしたが、今回は、一役ということで、よりバルジャンとしての生き方を掘り下げて、さらに良いものをつくりたいと思います。
■吉原光夫 ジャン・バルジャン役/ジャベール役
袖でヤン・ジュンモさんの歌を聴いて、また苦しい日々が待っているんだなという実感が正直なところです(笑)。うわさによるとジャベールもやるらしいので(笑)、二役をやるために精進し、作品に対して誠実に、役に対して実直になって、厳しい1年を送りたいと思います。
■ヤン・ジュンモ ジャン・バルジャン役
日本では“新人俳優”のヤン・ジュンモです。歴史ある作品に値するような演技、歌を皆さんにお見せしたいと思います。合格の知らせを聞いた時は、僕にできるだろうか、と不安に思いました。それでも勇気を出して、“やれる、やれる、やろう”と自分自身に言い聞かせました。絶対的な存在に会う前と会った後で明確な違いを感じられるジャン・バルジャンという役づくりをしていきたいと思います。

■川口竜也 ジャベール役
前回同様、その時代、瞬間にジャベールとして生きて、行動していくことを大切にして精進してまります。
■岸祐二 ジャベール役
03年からこの作品に参加し、ほかの作品の経験も含めてやっとジャベールにたどり着けたんだなという思いを大事に、そして、初めて『レ・ミゼラブル』の舞台に立った時の気持ちを忘れずにいたいと思います。新演出は初めてなので、チャレンジする気持ちで取り組みます。
■鎌田誠樹 ジャベール役
13年にアンサンブル、そして、ジャベールという大役をいただき、経験したことのない世界を感じられて幸せでした。こうして再び、皆さまの前でお話ができていること、なんと表現していいか分からないくらい感謝しています。素敵な先輩方にご指導いただき、最高のジャベールを演じていきたいと思います。

■笹本玲奈 エポニーヌ役
13年に新演出になり、私の中でもエポニーヌ像が大きく変わりました。またたくさんの発見があると良いなと楽しみです。初心を忘れず頑張ります。
■昆夏美 エポニーヌ役
前回が初参加だったのですが、大好きな作品の大好きな役を演じる日々が幸せでした。またその幸せな日々が送れることを楽しみにしています。
■平野綾 エポニーヌ役
初参加だった前回は、ミュージカルの経験も浅かったので、必死に食らいついていくだけでした。今回は、その後、出会った役で得たことを、またエポニーヌに注ぎ込みたいと思います。
■綿引さやか エポニーヌ役
長年あこがれ続けたこの作品に、15年も参加できることをうれしく思います。エポニーヌ、(二役の)アンサンブル、どちらの視点からもこの作品を深く見つめられるよう、頑張ります。さらにパワーアップした革命の風を、素晴らしいキャストの皆さんと吹き荒らしていきたいと思います。

■知念里奈 ファンテーヌ役
素晴らしいキャストの皆さんが集まった大好きな作品を、また半年ファンテーヌとしてやれることがうれしいです。“乙女”のころにコゼットをやりまして、ちょっと傷ついて(笑)エポニーヌを、そして母親になってファンテーヌをさせてもらっています。お客さまもいろんな経験をしながら、いろんな立場になって作品を捉えることができるから、この作品が長く愛されているのだと思います。久美さん(森公美子)に役を取られちゃわないように頑張ります(笑)
■和音美桜 ファンテーヌ役
個人的には3度目の挑戦になりますが、毎回、新鮮な気持ちで課題を見つけながら、みんなでさまざまな試練を乗り越えて、一つの大きな作品にできたらと思います。
■里アンナ ファンテーヌ役
前回の初舞台では、1年間が緊張であっという間に過ぎてしまいました。また機会があるなら、ファンテーヌ役をもっと深めたいと考えていたので、今回できることをとても幸せに思っています。

■若井久美子 コゼット役
13年に引き続き、15年も出演させていただくことをうれしく思っております。パワーアップした『レ・ミゼラブル』を皆さまに観ていただけるように、コゼットとして精一杯生きていきたいと思います。
■磯貝レイナ コゼット役
またこのカンパニーの一員としてこの場に立てることを、とてもうれしく幸せに思っています。前回は初めての大きな役で、緊張の連続だったのですが、今回はお客さまにも安心して観ていただけるように頑張りたいと思います。
■清水彩花 コゼット役
18歳の時に初めて『レ・ミゼラブル』に参加させていただいて、それからずっとプリンシパルになるということが夢でした。合格の知らせを聞いた時は信じられなくて、何度も確認して、涙も出ました。不安な気持ちもありますが、このカンパニーの皆さまのお力を借りれば大丈夫だと信じ、コゼットに真摯に向き合いたいと思います。

■原田優一 マリウス役
今日、久々に家族のようなカンパニーの皆さんとお会いして、ほっとすると同時に、新キャストの方々ともごあいさつさせていただいて、良い雰囲気を感じ、稽古が楽しみになりました。13年の『レ・ミゼラブル』は、新演出も産声を上げ、大きく成長しました。それがまた観られることをとてもうれしく思います。
■田村良太 マリウス役
13年の『レ・ミゼラブル』が初舞台で、舞台に立つことだけで精一杯でした。それからの2年間の経験すべてをマリウスにぶつけたいと思います。
■海宝直人 マリウス役
今回初めて『レ・ミゼラブル』に参加させていただきます。子役の時から大好きで、あこがれていた作品に参加させていただくことを光栄に思います。何度もチャレンジして得られた役なので、合格の知らせを受けたときは四谷のホームを行ったり来たりしてしまうくらい、舞い上がりました(笑)。これまで何度も観させていただいて、役に対するいろんな思いがありますが、そういう先入観を一切なくして真っさらに、一からキャラクターをつくり上げていきたいなと思います。

■駒田一 テナルディエ役
毎回、あと何回やれるんだろうなと感じる中で、来年やれる幸せといいますか……。1回1回を大切にして頑張ると同時に、裏ではこそっとマリウスの勉強もしたいと思います(笑)
■KENTARO テナルディエ役
13年、僕にとってのテナルディエは駒田一さんだったので、稽古中どうやっても一さんになってしまってどうしようと。稽古が進んで個別のダメ出しを受けるようになってから、やっと自分のテナルディエができてきたのかなと思いました。今回も新たに役をつくっていきたいと思います。
■萬谷法英 テナルディエ役
またここに立てることがとても幸せです。前回はみなさんに支えられて、無事終わることができました。今回は少しでも自分が引っ張れるように……いや、今回も助けられながら(笑)、頑張りたいと思います

■森公美子 マダム・テナルディエ役
この作品にかかわって、なんと18年でございます。長いなと思いますけれども、ますますパワーアップした、ぐわ〜〜〜!っというマダム・テナルディエを、来年もお届けすることをお約束いたします。心配なのは、これから採寸があることでございます……(笑)。ちなみに、ファンテーヌ役もいつでも歌えます、狙っております(笑)
■浦嶋りんこ マダム・テナルディエ役
15年もマダム・テナルディエとして、だまして、裏切って、悪い女として生きていきます。いい人キャンペーンをまったくしなくていい期間だというのがうれしいです(笑)
■谷口ゆうな マダム・テナルディエ役
前回も製作発表の場に立って、手に汗をかくほど緊張したな、というのを思い出しました。そして、またやれるんだなという実感がすごくすごくわいてきました。一生懸命やりますので応援よろしくお願いいたします。

■上原理生 アンジョルラス役
またアンジョルラス役に帰ってくることができ、そして、チェ・ゲバラが革命に参加した歳と同じ、28歳という年齢で、アンジョルラスという革命家を演じられるというのを、とてもうれしく思います。
■野島直人 アンジョルラス役
韓国のお兄さん的存在であるヤン・ジュンモさんと一緒にできることが、とてもうれしいです。昨年は、以前演じたマリウスから見たアンジョルラス像を参考に、役づくりをしました。今回も、また新たな役づくりをしていきたいと思います。
■上山竜治 アンジョルラス役
8年前にロンドンで『レ・ミゼラブル』を観てすごく感動しました。ミュージカルの経験が浅く、敷居が高いと思っていたので、この歴史ある作品の、あこがれの役に抜擢していただいたこと、深く感謝しています。精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

この記事の写真

  • 『レ・ミゼラブル』2015会見 1
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 2 左から福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモ
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 3 左から3川口竜也、岸祐二、鎌田誠樹
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 4 左から笹本玲奈、昆夏美、平野綾、綿引さやか
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 5 里アンナ、和音美桜、知念里奈
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 6 清水彩花、磯貝レイナ、若井久美子
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 7 海宝直人、田村良太、原田優一
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 8 萬谷法英、KENTARO、駒田一
  • 『レ・ミゼラブル』会見 9 森公美子、浦嶋りんこ、谷口ゆうな
  • 『レ・ミゼラブル』2015年会見 10 上原理生、野島直人、上山竜治

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6841