8社の共同運営で「Zeppブルーシアター六本木」が15年1月にオープン - 2014年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

現在の「六本木ブルーシアター」が、Zeppライブら8社による共同運営で、新たに「Zeppブルーシアター六本木」として15年1月1日に開業することとなった。

同プロジェクトに参画するのは、Zeppライブのほか、パルコ、トリックスターエンターテインメント、クリエイティブマンプロダクション、ディー・バイ・エル・クリエイション、エンタテインメントプラス、ローソンHMVエンタテイメント、ぴあ。それぞれの得意分野を生かしつつ連携し、ロングラン公演を中心に各社のレパートリーを含めジャンルにとらわれないコンテンツを発信していくという。

公演は、現在、朗読劇『LOVE LETTERS』(出演=久保田悠来×映美くらら ほか)、ミュージカル『薄桜鬼 藤堂平助篇』(出演=池田純矢 ほか)、『正しい教室』(作・演出=蓬莱竜太 出演=井上芳雄 ほか)、WRECKING CREW ORCHESTRA『DOOODLIN'』がラインアップされている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6844