東出昌大がカズオ・イシグロ原作『夜想曲集』で舞台に初挑戦 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『夜想曲集』東出昌大(左)と安田成美

▲ 東出昌大(左)と安田成美

拡大する

映画やテレビドラマで注目を集めている若手俳優・東出昌大が、15年5月の舞台『夜想曲集』で、初舞台に挑む。

原作は、人生の夕暮れに直面し心揺らす人びとの音楽をめぐる物語を描いたカズオ・イシグロの短篇集。舞台化にあたり、原作の5編の中から、ベネチアを訪れた往年の名歌手の物語「老歌手」、才能はあるが売れないテナーサックス奏者の物語「夜想曲」、かつてある女性から特別な特訓を受けたというチェリストをめぐる物語「チェリスト」の3編を選び、一つの戯曲として再構築するという。

脚本を執筆するのは「てがみ座」の長田育恵。そして、演出を小川絵梨子が担う。共演には、安田成美、近藤芳正、長谷川寧、中嶋しゅうというメンバーが顔をそろえる。

インフォメーション

『夜想曲集』

【スタッフ】原作=カズオ・イシグロ(原題「Nocturnes」) 脚本=長田育恵 演出=小川絵梨子
【キャスト】東出昌大/安田成美/近藤芳正/長谷川寧/中嶋しゅう ほか

2015年5月11日(月)〜24日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場
・一般前売=2月開始予定

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6855