鼓童、初の歌舞伎座出演が決定 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「十二月大歌舞伎」

拡大する

太鼓芸能集団「鼓童」が、歌舞伎座の舞台に初出演。本日2日開幕した「十二月大歌舞伎」の通し狂言『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』に、鼓童の藤本吉利と齊藤栄一、そして、元メンバーの阿部一成がトリプルキャストで出演する。

国内外で幅広く活動し、音楽やダンスなど、異ジャンルのパフォーマンス、アーティストたちとの創作を続け、12年には芸術監督に坂東玉三郎を迎えた鼓童。今回は、市川海老蔵の指名により、作中で一番の盛り上がりをみせる「大詰」において、上手の御簾内で平胴大太鼓を演奏するという。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6864