ままごと・柴幸男が手掛ける“演劇的公園空間” 「シアターゾウノハナ2014」が5日から開催 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
シアターゾウノハナ「象の思い出」

拡大する

「シアターゾウノハナ2014」チラシ

拡大する

横浜の象の鼻パーク・象の鼻テラスでは、パフォーミングアート・イベント「Theater ZOU-NO-HANA(シアターゾウノハナ)2014」を5日より開催する。

“演劇とすれ違う”をコンセプトに、公園内にて演劇、体操、歌、音声ガイド、スイッチなど、さまざまな手法を用いた演劇作品が発表する同イベント。昨年に続き、柴幸男率いる劇団「ままごと」が、約30名の象の鼻メンバーとともに、誰もが身近に演劇に触れられる“パフォーミング・パーク(演劇的公園空間)”を生み出すという。

会期中は、インスタレーション作品が展示されるほか、パフォーマンス作品や演劇作品『象はすべてを忘れない』の上演も実施(観覧無料、予約不要)。公園で遊ぶように、さまざまな演劇作品を体験できる。

会期は、12月5日(金)から23日(火・祝)まで。詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6871