『初級革命講座 飛龍伝』、中屋敷法仁演出『ロマンス 2015』、岡村俊一演出『いつも心に太陽を』を上演 「つかこうへい Triple impact」が15年2月に開催 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

毎年2月に紀伊國屋ホールで行われている、つかこうへい作品の公演が今年も開催。今回は「つかこうへい Triple Impact」と題し、『初級革命講座 飛龍伝』『ロマンス 2015』『いつも心に太陽を』の3作品を上演する。

『初級〜』は『飛龍伝』の原作となった作品。つかこうへい事務所としては80年の以来、35年ぶりの上演となる。『ロマンス 2015』は、99年に宮沢りえ主演でテレビドラマ化もされた舞台を、中屋敷法仁による構成・演出で送る新作だ。そして、その『ロマンス』のもととなった『いつも心に太陽を』を、岡村俊一の手により再現。中屋敷との新旧演出バトルが展開される。

インフォメーション

つかこうへい Triple Impact
『初級革命講座 飛龍伝』『ロマンス 2015』『いつも心に太陽を』

2015年2月12日(木)〜3月2日(月)
・会場=紀伊國屋ホール

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6885