加藤清史郎が「六本木歌舞伎」で歌舞伎初挑戦 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
加藤清史郎

▲ 加藤清史郎

拡大する

六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』ビジュアル

▲ 中村獅童(左)と市川海老蔵

拡大する

photographed by LESLIE KEE

市川海老蔵と中村獅童が、宮藤官九郎(脚本)と歌舞伎演出初挑戦の三池崇史とともに送る六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)』。同公演の新キャストとして、人気子役の加藤清史郎が決定した。

三池とは映画「忍たま乱太郎」でタッグを組み、これが歌舞伎初挑戦となる加藤。宮藤による完全オリジナル脚本にどのような役柄で登場するのか注目だ。

■加藤清史郎
今回、歌舞伎初挑戦になるので、踊りの心配などもありますが、今は楽しみの方が大きいです。三池崇史監督が抜てきしてくださったと聞いて、とてもうれしいです。監督さんとは映画「忍たま乱太郎」でご一緒させていただいて、映画では初めての主演だったのでいろいろなことを(言葉でなく)自身でやって見せてくれたりしました。大好きで、すてきな監督さんです。同じ「忍たま乱太郎」では、親子役でご一緒した中村獅童さんとまた共演できてうれしいし、市川海老蔵さんとは初めてなので緊張しますが頑張ります。僕は宮藤官九郎さんの作品が大好きなので、宮藤さんともまたご一緒できて
うれしいです。

■三池崇史
市川海老蔵・中村獅童という化け物どもと、ガッツリ歌舞伎でぶつかるためには私に強力な“武器”が必要だ。それが、加藤清史郎というわけです。彼には無限の可能性とエンターテインメントの本質を感じています。この激突と融和にこうご期待。

インフォメーション

六本木歌舞伎
『地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)』

【スタッフ】脚本=宮藤官九郎 演出=三池崇史
【キャスト】市川海老蔵/中村獅童/加藤清史郎 ほか

2015年2月3日(火)〜18日(水)
・会場=EX THEATER ROPPONGI
・一般前売=チケット発売中
・料金=全席指定S席14,000円/A席11,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6886