松たか子&長塚圭史&首藤康之&近藤良平が再結集 舞台『音のいない世界で』がラジオドラマ化 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ラジオドラマ「音のいない世界で」1 左から首藤康之、松たか子、長塚圭史、近藤良平

▲ 左から首藤康之、松たか子、長塚圭史、近藤良平

拡大する

ラジオドラマ「音のいない世界で」2 左から首藤康之、松たか子、長塚圭史、近藤良平

▲ 左から首藤康之、松たか子、長塚圭史、近藤良平

拡大する

長塚圭史が脚本を手掛けたラジオドラマ「三菱UFJモルガン・スタンレー証券 presents 音のいない世界で」が、28日(日)にTOKYO FMほかにて放送される。

長塚の作・演出で新国立劇場で上演された同名舞台をラジオドラマ化。大切なカバンを盗まれたために“音”を失ってしまったセイと、カバンを取り戻すために旅へ出た彼女を追う夫が、季節をめぐって不思議な旅をする物語だ。

舞台をラジオドラマ化するにあたり、新たに脚本を書き下ろした長塚は「舞台とラジオはまったく違う。イメージが広がる言葉を選んだり、あえてカタい言葉を入れたり……。新しい“音の世界”を立ち上げていくつもりで書いた」と語っている。

そして、キャストには舞台版と同じく、松たか子、長塚、首藤康之、近藤良平が顔をそろえ、さらに、オリジナル主題歌“記憶(とき)のうた”をキャスト全員で歌うという。

収録は、気心の知れた4人が、アイデアを出し合い、試行錯誤をしながら進められたとのこと。「子どものころ、友達とお話をつくってカセットに録音したのを思い出した」という長塚は「“音の世界”であるラジオで、“音のいない世界”へ堕ちて行く夫婦を描く。ラジオ的にはなかなか珍しい世界観が、聴く人にどう届くか楽しみ」と期待を寄せている。

TOKYO FMでは28日(日)19:00から放送。そのほか各局の放送日時は下記を参照。

インフォメーション

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券 presents 音のいない世界で」

【スタッフ】脚本=長塚圭史
【キャスト】近藤良平/首藤康之/長塚圭史/松たか子
ナレーション=ロバート・キャンベル

TOKYO FM:12月28日(日)19:00〜19:55
AIR-G'(FM北海道):12月31日(水)20:00〜20:55
Date fm(エフエム仙台):12月28日(日)20:00〜20:55
FM AICHI:12月30日(火)19:00〜19:55
FM OSAKA:12月29日(月)18:55〜19:50
広島FM:12月30日(火)18:00〜18:55
FM FUKUOKA:12月28日(日)20:00〜20:55

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6891