浦井健治&ソニン出演 鵜山仁演出『トロイラスとクレシダ』が15年夏に上演 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『トロイラスとクレシダ』浦井健治、ソニン

▲ 浦井健治、ソニン/撮影:細野晋司

拡大する

鵜山仁の演出によりシェイクスピア作品『トロイラスとクレシダ』が、15年7・8月に上演される。

トロイとギリシャによる「トロイ戦争」を背景に、トロイの王子・トロイラスと神官の娘・クレシダを中心とする人びとの悲劇を描いた本作。キャストには浦井健治、ソニンをはじめ、岡本健一、渡辺徹、今井朋彦、横田栄司、浅野雅博、小林勝也、吉田栄作ら実力派たちが集結する。

公演は、世田谷パブリックシアターと兵庫県立芸術文化センターほかにて行われる。

■鵜山仁(演出)
数あるシェイクスピアの作品の中でも“問題劇”の代表とされる『トロイラスとクレシダ』。この芝居では、愛、名誉、友情、人生に輝きをもたらすはずの価値が、すべて裏切られてしまいます。トロイとギリシャの泥沼の戦いに引きずり込まれるようにして、何もかもがマイナスの連鎖におちいり、グロテスクな屍をさらす。そこに広がるのは荒漠とした、救いようのない風景です。しかしこれも、この世界と人生の隠しようのない一側面。そしてむしろその負荷をとことん引き受けることによって、マイナスがプラスに反転し、この難局を生き抜く力につながる。芝居というものの持っている、そうした“ワクチン効果”が、世田谷パブリックシアター、兵庫県立芸術文化センターという公の場を借り、ぞれぞれ一騎当千の俳優諸氏と劇団文学座の面々とがぶつかり合うことによって、とんでもない力を発揮してくれるに違いないと、演出者である僕は、大きな期待を抱いています。

インフォメーション

『トロイラスとクレシダ』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 翻訳=小田島雄志 演出=鵜山仁
【キャスト】浦井健治/ソニン/岡本健一/渡辺徹/今井朋彦/横田栄司/鵜澤秀行/斎藤志郎/高橋克明/櫻井章喜/石橋徹郎/鍛治直人/松岡依都美/荘田由紀/吉野実紗/木津誠之/神野崇/内藤裕志/宮澤和之/廣田高志/若松泰弘/植田真介/浅野雅博/小林勝也/吉田栄作/江守徹

東京公演
2015年7月15日(水)〜8月2日(日)
・会場=世田谷パブリックシアター
・一般前売=5月16日(土)開始
・料金=全席指定S席8,000円(1階席・2階席)/A席5,500円(3階席)
*高校生以下、U24割引あり

石川、兵庫、岐阜、滋賀でのツアー公演あり

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6901