ホームズ・橋本さとし&ワトソン・一路真輝のコンビが切り裂きジャックと対決 ミュージカル『シャーロック ホームズ2〜ブラッディ・ゲーム〜』が上演決定 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『シャーロック・ホームズ2』上段:橋本さとし(左)と一路真輝、下段:秋元才加(左)と別所哲也

▲ 上段:橋本さとし(左)と一路真輝、下段:秋元才加(左)と別所哲也

拡大する

『シャーロック ホームズ2〜ブラッディ・ゲーム〜』仮チラシ

拡大する

橋本さとし&一路真輝扮するホームズ&ワトソンコンビが復活。ミュージカル『シャーロック ホームズ2 〜ブラッディ・ゲーム〜』が、15年4月に上演される。

11年に韓国で初演され、「韓国ミュージカル大賞」「ザ・ミュージカルアワード」で多数受賞するほか、5度目の再演が現在上演中と、好評を博している『シャーロック ホームズ』。本作は、そのシリーズの第2弾として、今年3月に韓国で初演された最新作だ。

今回は、さらなる強敵“切り裂きジャック”が出現。ジャックの殺人現場の居合わせた“神の声を聞き奇跡を起こす”という盲目の美女・マリアや、彼女に影のように付き添う男・エドガーらを巻き込みながら、スリリングなドラマが展開されるという。

前作からのレギュラー陣に加え、物語のキーを握る盲目の美女マリア役として秋元才加が登場。そして、マリアに影のように付き添うエドガー役には小西遼生&良知真次がWキャストで参加する。そして、切れ者の警察クライブ役を別所哲也が務める。それぞれ『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役、『ミス・サイゴン』エンジニア役を歴任した橋本と別所。本作でついに舞台初共演が実現する。

演出と訳詞は、前作に続き板垣恭一と森雪之丞がそれぞれ担う。

■橋本さとし ホームズ役
『シャーロック ホームズ2』を予告通り上演できることに喜びと新たな決意を感じています。そしてまた、シャーロック・ホームズが橋本さとしであるということに安堵してます(笑)。今作では、前作よりもさらにホームズの影の部分をクローズアップさせ、より人間的なキャラに膨らませていけたらいいですね。天才でも苦悩はあるんだと(笑)。すでに韓国では上演されているシーズン2は、シーズン1よりさらに楽曲のバラエティーが富んでいると聞き、これはますます手強いなと気合いの冷や汗が額ににじんでおります。困難な山を登り、見たことのない景色を見れた時に進化するし、その方がお客さまも驚きと喜びを感じてくださると思います。そのためにも“日本を代表するシャーロック・ホームズ役者”と言われるほどの奇跡的な演技をお見せできるよう頑張ります。

■一路真輝 ワトソン役
韓国のミュージカルの魅力は、ストーリーの勢いと音楽が叙情的なことです。前回出演して、その魅力にはまってしまいました。今回も橋本さんとともに楽しく、そして心に染み入る作品にしたいです。

■秋元才加 マリア役
私にとって2年ぶりのミュージカル出演となります。素晴らしいキャストの皆さまとご一緒させていただけること、とても光栄に思っています。私はマリア・クララという盲目の女性を演じます。物語の鍵を握るマリアを精いっぱい演じたいと思います。誰もが知っているシャーロック・ホームズ。ドラマティックな音楽とスリル、前作よりさらにパワーアップした本作をぜひ楽しみに待っていてください。

インフォメーション

ミュージカル『シャーロック ホームズ2〜ブラッディ・ゲーム〜』

【スタッフ】脚本=キム・ウンジョン 作詞=ノ・ウソン 音楽=チェ・ジョンユン 演出=板垣恭一 訳詞=森雪之丞 上演台本=斎藤栄作 音楽監督=佐藤史朗
【キャスト】橋本さとし/一路真輝/小西遼生、良知真次 *Wキャスト)/秋元才加/竹下宏太郎/まりゑ/春風ひとみ/コング桑田/別所哲也

■東京公演
2015年4月26日(日)〜5月10日(日)
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス
・一般前売=2月21日(土)開始

兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールほか、ツアー公演を予定

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6905