浦井健治主演×荻田浩一演出で送る“マサラ・ミュージカル” 『ボンベイドリームス』製作発表会 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ボンベイドリームス』会見 1 左から加藤和樹、すみれ、浦井健治、朝海ひかる、川久保拓司

▲ 左から加藤和樹、すみれ、浦井健治、朝海ひかる、川久保拓司

拡大する

『ボンベイドリームス』会見 11

拡大する

『ボンベイドリームス』会見 6 浦井健治

▲ 浦井健治

拡大する

このほかの写真も見る

日本でもヒットしたインド映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」や、オスカーを受賞した「スラムドック$ミリオネア」などの音楽で注目を集める、インドの人気作曲家A.R.ラフマーン。彼が手掛けた楽曲で送るミュージカル『ボンベイドリームス』の製作発表会が、都内で行われた。

本作は、アンドリュー・ロイド=ウェバーのプロデュースにより、02年にウエストエンドで、04年にはブロードウェイでも上演されたミュージカル。物語の舞台となるのは、インドの映画界“ボリウッド”だ。急激な高度成長を遂げる都市と、貧困層の市民たちが生活するスラム街、華やかな映画産業の光と闇−−。表裏一体のさまざまな要素を盛り込んだ人間ドラマが、ラフマーンの多彩な楽曲と、インド特有のリズムの歌とダンス、そして絢爛豪華な世界観とともに舞台上に展開される。

■荻田浩一(演出・訳詞)
この作品は、インド人のスタッフによりロンドンでつくられたという不思議な作品。今度は日本人スタッフ・キャストでつくるという、美しい西洋絵皿に盛られた和風カレーのような感じでしょうか(笑)。年明けからスパイシーな気持ちで観ていただければと思います。

■浦井健治 アカーシュ役(ボリウッド・スターを夢見るスラム街の青年)
日本でも「ムトゥ」のような絢爛豪華なものから「スタンリーのお弁当箱」のような心温まる作品まで、さまざまなインド映画が上映されてきましたし、その中でこのマサラミュージカルが上演されるのは必然だなと感じています。自分は和風カレーの中のジャガイモになれればいいな(笑)。最初はこの作品を知らなかったのですが、ラフマーンさんのアルバムは「なんて、すてきな楽曲がそろっているんだ!」という第一印象でした。ラブ・バラードからクラブ・ミュージック、ポップでキャッチーなものもある。でも、どこかインド風味で、これを日本人が歌うとなると、演歌のような(拳を回す)感じにならないように注意しなければと感じています(笑)。梅田芸術劇場10周年で新年早々に、お祭り騒ぎのような活気にあふれたこの企画に参加できるのはすごく光栄だなと思っています。同時に「『ウルルン滞在記』でインドに行っておいてよかったな」って思いました(笑)。

■すみれ プリヤ役(映画監督を目指すエリート)
4度目のミュージカルです。見た目でのキャスティングでしょうか(笑)。いろいろと皆さんに教えていただき、学びながら楽しく演じて、お客さまにもその楽しさとパワーを伝えられたらすごくうれしいです。プリヤはたぶん、私と同じくらいの年齢で、共感できるところがいっぱいあるので、彼女の夢見る思いや恋心を一生懸命演じます。

■朝海ひかる ラニ役(大女優)
インドのミュージカルというのは、日本で観たことがなかったですし、初めてのものなので、一体どうなるのか?というワクワク感と、未知の体験ができるぞ!という思いから、二つ返事で受けさせていただきました。浦井さんをいびり倒す大女優という役で(笑)、今までこういう役を演じたことがなかったので、すごく新鮮です。どんなものなのかなと思いながら日々研究しています。皆さまに楽しいきらびやかなショーをお届けできればと思います。

■加藤和樹 ヴィクラム役(プリヤの婚約者 弁護士)
この作品は「ついに来たな」と。小池修一郎先生に「和樹、お前はインド人みたいだな」と、言われたことがありまして「ああ、このことだったのか」と思い出しました(笑)。こんなにきらびやかな衣裳ですが、弁護士の役です(笑)。でもこの『ボンベイ〜』の世界の中では意外と地味だったりすると思います。皆さんに負けじと、信念を持ったヴィクラムを一生懸命演じて、カレーのスパイス、隠し味のソースになれればと思います(笑)。

■川久保拓司 スウィーティ役(アカーシュの幼なじみ)
(自分の)見た目にメッセージ性が強いんですが……(笑)。ボリウッドの光と闇を描くという内容もすごく楽しみですし、ミュージカルを荻田先生と一緒につくり上げることにも今からワクワクです。僕と浦井君の役は、下層階級のスラムに住む青年で、彼らの暴れだしそうなパワーや熱を表現できたらと思っています。それと、役のために昨日、ワキ毛を剃りました(笑)。

この記事の写真

  • 『ボンベイドリームス』会見 1 左から加藤和樹、すみれ、浦井健治、朝海ひかる、川久保拓司
  • 『ボンベイドリームス』会見 11
  • 『ボンベイドリームス』会見 2 浦井健治
  • 『ボンベイドリームス』会見 3 すみれ(左)と浦井健治
  • 『ボンベイドリームス』会見 4
  • 『ボンベイドリームス』会見 5 荻田浩一
  • 『ボンベイドリームス』会見 6 浦井健治
  • 『ボンベイドリームス』会見 7 すみれ
  • 『ボンベイドリームス』会見 8 朝海ひかる
  • 『ボンベイドリームス』会見 9 加藤和樹
  • 『ボンベイドリームス』会見 10 川久保拓司

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6907