一路真輝、細貝圭、大澄賢也の三人芝居『スワン』が上演中 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スワン』1 左から細貝圭、一路真輝、大澄賢也

拡大する

『スワン』2 左から大澄賢也、一路真輝、細貝圭 

拡大する

撮影:岸隆子

一路真輝、細貝圭、大澄賢也による三人芝居『スワン』が、紀伊國屋ホールにて上演中だ。

53年にアメリカの作家エリザベス・エグロフが、40歳の時に発表した処女作で、アメリカでは、93年に初演されて以降、さまざまな賞を受賞。世界各国で上演されるようになったが、今回が日本初演となる。

物語の舞台はアメリカ・ネブラスカ州。恋人との関係や仕事に疲れた女性ドラ(一路)は、田舎町に一人でコンテナハウスに暮らしている。恋人ケビン(大澄)は妻子がありながらドラとの関係を続ける牛乳屋だ。そんなドラの家に、ある日、傷ついた白鳥(細貝)が迷い込み、若い男性に姿を変える。おそるおそる介抱するドラに、白鳥は警戒を解いていくのだが、ケビンにとって彼は、いきなり恋人の家に現れた見知らぬ若い男にでしかない。ドラとケビンとスワンの奇妙な三角関係が、いつしか心の再生を呼び起こし……。

一路は、海外戯曲のストレートプレイに初挑戦。鬱屈した女性の心理を表現し、スワンとの出会いから変化していくドラの姿を熱演している。鳥であるのか男であるのか、実像であるのか幻想であるのか明示されない不可思議なスワンという存在をめぐり、男女の大人のドラマが展開される本作。演出を務める深作健太は「この作品は“現代の神話”。自由な気持ちで、作品の世界を読み取ってほしい」とメッセージを送っている。

公演は明日23日(火・祝)まで。当日券は開演1時間前より販売開始。

この記事の写真

  • 『スワン』左から細貝圭、一路真輝、大澄賢也
  • 『スワン』2 左から大澄賢也、細貝圭、一路真輝
  • 『スワン』3 左から大澄賢也、一路真輝、細貝圭 
  • 『スワン』4 一路真輝(手前)と大澄賢也
  • 『スワン』5 一路真輝(左)と大澄賢也
  • 『スワン』6 一路真輝(左)と細貝圭 
  • 『スワン』7 大澄賢也(左)と一路真輝
  • 『スワン』8 一路真輝(左)と細貝圭 

インフォメーション

 

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6923