『欲望という名の電車』『スカイライト』『宝島』に加え、B'way上演作『二十日鼠と人間』も上映 「ナショナル・シアター・ライヴ2015」ラインアップが決定 - 2014年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
NTL『欲望という名の電車』

▲『欲望という名の電車』

拡大する

このほかの写真も見る

イギリス演劇界最高峰のロイヤル・ナショナル・シアター(NT)が厳選した舞台作品をデジタル映像化し、映画館で上映する「ナショナル・シアター・ライヴ」。その2015年の上演作品が決定した。

今回は、14年に上映された、『ザ・オーディエンス』『オセロ』『リア王』に加え、『欲望という名の電車』『二十日鼠と人間』『スカイライト』『宝島』の全7作品がラインアップされた。

テネシー・ウィリアムズの傑作戯曲『欲望〜』は、ドラマ「Xファイル」のジリアン・アンダーソン主演で上演された舞台。ロンドン上演ではヤング・ヴィック劇場史上最短のチケット完売記録を生むなど好評を博した。

ジョン・スタインベックの小説を、ジェームズ・フランコとクリス・オドウド共演で送る『二十日鼠〜』は、出稼ぎ労働者の過酷でありながらも夢に思いをはせる人間ドラマを舞台化したブロードウェイ上演作。オドウドは本作でトニー賞最優秀男優賞にノミネートされた。また、ドラマ「ゴシップガール」で知られる若手女優レイトン・ミースターがヒロイン役を好演している。

『スカイライト』は、日本では97年に緒形拳と若村麻由美により上演されたデイヴィッド・ヘアーの戯曲。スティーヴン・ダルドリー(『ビリー・エリオット』)が演出を、ビル・ナイ(映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」)とキャリー・マリガン(映画「華麗なるギャッツビー」)が主演を務める。二人が織りなす複雑な人間ドラマを、人気デザイナーのボブ・クロウリーがによる舞台美術が彩る。

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの傑作小説をNTが舞台化した『宝島』は、宝島への地図を手に入れた少年が個性豊かな海賊と繰り広げる冒険劇。ドラマ「ドクター・フー」のアーサー・ダーヴィル演じる一本足の海賊ジョン・シルバーにも注目だ。

この記事の写真

  • NTL『ザ・オーディエンス』
  • NTL『欲望という名の電車』
  • NTL『二十日鼠と人間』
  • NTL『スカイライト』
  • NTL『宝島』
  • NTL『オセロ』
  • NTL『リア王』

インフォメーション

「ナショナル・シアター・ライブ2015」

第1弾『ザ・オーディエンス』

【スタッフ】作=ピーター・モーガン 演出=スティーヴン・ダルドリー
【キャスト】ヘレン・ミレン/ジェフリー・ビーヴァーズ/ジョナサン・クート ほか

2015年1月23日(金)〜28日(水)

第2弾『欲望という名の電車』

【スタッフ】作=テネシー・ウィリアムズ 演出=ベネディクト・アンドリュース
【キャスト】ジリアン・アンダーソン/ベン・フォスター/ヴァネッサ・カービー ほか

2015年3月6日(金)〜11日(水)

第3弾『二十日鼠と人間』

【スタッフ】作=ジョン・スタインベック 演出=アンナ・D・シャピロ
【キャスト】ジェームズ・フランコ/クリス・オダウド/レイトン・ミースター ほか

2015年5月15日(金)〜20日(水)

第4弾『スカイライト』

【スタッフ】作=デイヴィッド・ヘアー 演出=スティーヴン・ダルドリー
【キャスト】ビル・ナイ/キャリー・マリガン ほか

2015年7月3日(金)〜8日(水)

第5弾『宝島』

【スタッフ】作=ブリオニー・ラヴェリー 演出=ボリー・フィンドレー
【キャスト】パッツィー・フェラン/アーサー・ダーヴィル ほか

2015年9月11日(金)〜16日(水)

第6弾『オセロ』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 演出=ニコラス・ハイトナー
【キャスト】エイドリアン・レスター/ローリー・キニア ほか

2015年10月16日(金)〜21日(水)

第7弾『リア王』

【スタッフ】作=W.シェイクスピア 演出=サム・メンデス
【キャスト】サイモン・ラッセル・ビール/スティーヴン・ボクサー/トム・ブルック ほか

2015年11月13日(金)〜18日(水)

TOHOシネマズ日本橋ほかにて上映
・料金=一般3,000円/学生2,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6927