観世流能楽師の人間国宝・片山幽雪さんが死去 - 2015年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

能楽シテ方観世流の人間国宝・片山幽雪(かたやま・ゆうせつ 本名:片山博太郎=かたやま・ひろたろう)さんが、13日、敗血症のため死去した。84歳だった。

京都府出身。八世片山九郎右衛門と四世井上八千代の間に長男として生まれる。85年に九世九郎右衛門を襲名。『関寺小町』『姨捨(おばすて)』『檜垣(ひがき)』と、能の最奥の秘曲とされる「三老女」をすべて演じた。

94年に紫綬褒章を受章。01年に人間国宝に認定され、母との親子認定で話題となった。09年には文化功労者に選ばれた。また、観世流宗家から功績のあった者だけが名乗ることができる「雪号」を贈られ、10年からは幽雪を名乗った。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6959