ミュージカル『アニー』2015年公演製作発表会 - 2015年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アニー』2015会見 1 後列左から甲斐まり恵、木村花代、三田村邦彦、青木さやか、崎本大海、前列は黒川桃花(左)と前田優奈

▲ 後列左から甲斐まり恵、木村花代、三田村邦彦、青木さやか、崎本大海、前列は黒川桃花(左)と前田優奈

拡大する

『アニー』2015会見 2 黒川桃花(左)と前田優奈

▲ アニー役:黒川桃花(左)と前田優奈

拡大する

4月より新国立劇場 中劇場で上演されるミュージカル『アニー』の製作発表会が、22日、都内で行われた。

86年の初演から30年目という節目の年を迎える今回。これまで上演されてきた青山劇場の閉館に伴い、会場を新国立劇場 中劇場へと移し、新たな『アニー』がスタートする。会見では、アニー役の黒川桃花、前田優奈をはじめとする子役たちや、三田村邦彦、青木さやから大人キャストも集結し、“トゥモロー”の合唱も行われた。

会見での主なコメントは以下の通り。

■黒川桃花 アニー役(スマイル組)
30年目で新しい『アニー』に出演できてうれしいです。みんなで力を合わせて最高の舞台にしたいです。元気で明るく前向きで、みんなが笑顔になれるようなアニーを目指します。

■前田優奈 アニー役(トゥモロー組)
みんなに優しく、感動してもらえるようなすてきなアニーになりたいです。また観に来たいと思ってもらえるように頑張ります。

■三田村邦彦 ウォーバックス役
昨年の経験から、長丁場で、子どもたちは昼夜交代だけど大人は1日2回公演で大変なので、いかに万全の体調で演じられるかが勝負だと思います。30年も続いているロングラン公演で、ストーリーも素晴しいし、歌もダンスも良くできていて、子ども向けかと思われるかもしれませんが、大人の方にこそ観ていただいて、考えさせられる内容になっていると思います。ご覧になったら、夢を持って一生懸命生きる子供たちに感動してもらえるんじゃないかと。「日本の子どもたちのミュージカルのレベルがこんなに高かったんだ」と感じてもらえると思いますので、ぜひ劇場でご覧ください。

■木村花代 グレース役
長年ミュージカルをやっていますが、昔ながらのミュージカルが減ってきている中、愛され続けている作品に出演できるのはとても光栄です。最近はソプラノを聞かせる役が少ないのですが、今回は得意分野を生かせるので張り切ってやりたいです。演じるグレースは、キャリアウーマンで女性としても魅力的だと思うので、母親のような温かさと優しさと大きな愛でアニーを包み込めるように頑張ります。

■崎本大海 ルースター役
ミュージカルにはずっと出たかったのですが、いきなり『アニー』という大きな舞台に出演できるということで、プレッシャーは大きいですが、それを跳ね返して、子どもたちに負けないくらい、やんちゃなルースターを演じたいです。子どもたち全員がライバルと思ってナメられないように頑張りたいです。今までルースターを演じてきた人たちをプレッシャーに感じながら、自分のルースターができれば一つ大きくなれると思いますので、精いっぱい楽しんで演じます。

■甲斐まり恵 リリー役
今年30年目で、ハリウッド映画も公開され、メモリアルな年に出演できてうれしいです。昨年に続いて2度目の出演ですが、周りのキャストも変わるので、ゼロからつくるつもりで、リリーもさらにセクシーに面白く演じられればと思います。今年は劇場も新しくなるので、どう変化するのか楽しみです。新しく何かが始まるような、新鮮な気持ちで挑みたいと思います。今、何かに悩んでいたり、最近、涙を流したりした人は、ぜひ元気をもらいに劇場に来てください。

■青木さやか ミス・ハニガン役
「GW=アニー」と思うくらい毎年お客さんとして観ていて、子どもにも観せたい、なくなってほしくないと思っていた作品なので、出演できることがすごくうれしいです。娘には「グレースが良かった」と言われましたが、変だと思われないように作品の一人として立っていたいです。映画版ではキャメロン・ディアスさんが演じているということで、周りの人からは小馬鹿にされ笑われますが、キャメロン・ディアスさんよりも恐ろしい、そして美しい(笑)ハニガンになれるよう頑張ります。

インフォメーション

丸美屋食品ミュージカル
『アニー』

【キャスト】黒川桃花、前田優奈/三田村邦彦/木村花代/崎本大海/甲斐まり恵/青木さやか ほか *一部、スマイル組・トゥモロー組のWキャスト

■東京公演
4月25日(土)〜5月17日(日)
・会場=新国立劇場 中劇場
・一般前売=2月1日(日)開始
・料金=全席指定S席8,500円/A席6,800円
*4月27日(月)14:00開演の回のみS席6,500円/A席6,800円

大阪、福岡、愛知、新潟でのツアー公演を予定

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6985