ジェイソン・ロバート・ブラウンの代表作を映画化 映画「ラスト5イヤーズ」が4月25日に日本公開決定 - 2015年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「ラスト5イヤーズ」 1 メイン

拡大する

このほかの写真も見る

人気ソングライター、ジェイソン・ロバート・ブラウンの代表作を映画化した「ラスト5イヤーズ」が、4月25日(土)より日本公開される。

オリジナルは、01年の米タイム誌・ベストショー10に選出され、オフ・ブロードウェイでも好評を博した同名ミュージカル。女優を目指すキャシーと小説家を志すジェイミーの出会いから破局を迎えるまでの5年間がつづられる。

物語は、ニューヨークの一室で、恋に破れたキャシーがその胸中を切ない歌声で語るところからスタート。キャシーの目線は愛の終わりから二人の出会いへとさかのぼり、ジェイミーは恋に落ちた瞬間から愛が終わりを迎えるまでをたどるという、逆行する2つの時間軸を通して、愛の喜びと悲しみを描き出す。

監督を務めたのは、「マディソン郡の橋」(95年)や「恋するリベラーチェ」(13年)の脚本や、「P.S.アイラヴユー」(07年)を手掛けたリチャード・ラグラヴェネーズ。オリジナルの舞台版に忠実でありながら、映画に必要な要素をプラスし、ドラマに新しい色と奥行を加えているという。

キャシーを演じたのは、12歳の時に史上3番目の若さでトニー賞にノミネートされ、映画「マイレージ、マイライフ」(09年)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアナ・ケンドリック。3月公開の「イントゥ・ザ・ウッズ」に続き、ミュージカル映画での活躍が見られそうだ。

そして、キャシーの相手役で、若くして成功を手にする夫ジェイミーには、ジェレミー・ジョーダンが挑んでいる。ミュージカル『ニュージーズ』(12年)でトニー賞にノミネートされた経験を持つジョーダンは、ドラマ「SMASH/スマッシュ」に出演するなど、活躍の場を広げている新星だ。

映画は、4月25日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開。

同じ記事の写真

  • 映画「ラスト5イヤーズ」 1 メイン
  • 映画「ラスト5イヤーズ」 2
  • 映画「ラスト5イヤーズ」 3
  • 映画「ラスト5イヤーズ」 4
  • 映画「ラスト5イヤーズ」 5

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6990